新潟生まれ、新潟育ちのガタ男が新潟高校を語ってみた Part1

これから新潟県内の高校(主に新潟市になります)を受験する小、中学生、保護者のみなさまの 何かしらの役に立てばいいかと思いまして、記事にして見ようかと思いました 役立つ情報かはわかりませんけど、少しでも参考になればとても嬉しいです まず新潟県内…

人生なんて所詮(しょせん)ガチャみたいなもんですね、という話

生まれる場所も選べなければ親も選べないです そればかりはどうにもならないというのは、当たり前なんですけどね… しかし、生まれてからはどんな過疎地に生まれようが どんなに貧しい家庭に生まれようが、本人の努力次第で、わりとなんとでもなるんですよ そ…

ある講師の方が自己満の勉強方法を教えていた件について

たまたまその講師の方のブログが目に止まって閲覧(えつらん)したのですが 大学は旧帝大学を出ていて、すごいなと思いました そのブログに動画もあったので見てみようと思い見たのですが 中2の男の子?だと思いますけど、顔が見えなかったですけど(見えな…

自分が昔、志望していた私立高校の数学の過去問を解いてみた結果

この私立高校は自分が中学の時に志望していて、受かるか受からないか ギリギリだったかな?という記憶があります 偏差値で言えば42〜45ぐらいだったと思うのですけど 今は少し下がって、40前後ですかね?当時は変な見栄えを気にしていましたし 工業高校とか…

大阪都構想から学べる変化をしたがらない人たちの末路について Part2

ブログをずっと書き続けていると内容にもよりますけど ある一定の読者の方が付いて来てくれると思うんですよね それが美容だとか教育だとか多岐(たき)にわたるかと思いますけど その方たちに向けてより良い情報を発信するのもいいと思いますし 自分のオリ…

大阪都構想から学べる変化をしたがらない人たちの末路について Part1

数ヶ月前に大阪府を東京みたいに都にするという住民投票がありまして 反対派の票が数千票でしたかね?上回り2回目の大阪都構想は 夢まぼろしに終わってしまい、もう二度とないのか それとも、数年後、数十年後に再びあるのかわかりませんけど 現状は難しいみ…

人生において誰もが成功できる裏ワザなんてないです、という話

人生において誰もが成功するウルトラC的なテクニックなんてないです 小手先の技術で成功した人なんて一人としていないですよ 成功者のみなさんは、地獄のように苦しくても、あきらめずに努力してきたから成功してるんです それと、めんどくさいからやらない…

未経験でIT関連企業に転職したい方々へ向けて

以前に書いた記事の再編集+追加なのですが、最近、あるプログラミングスクールが炎上していて とても高額な受講料を支払い基礎的なプログラミング知識や技術を身につけて 未経験からIT関連企業へ就職するという仕組みなのですが それに対して実際に採用するI…

ニコ生で今の暮らしよりも刑務所、暮らしの方がいいかも、と言っていた人について

たまに暇があるとニコ生を見て人間観察をしたり、ある人が 生配信をしていないか、探したりしているのですけど 人生において変わった人をいっぱい見てきたので、よく警察24時という ドキュメンタリー番組で、ベテランの警察官の方がパトカーに乗ってる時に …

りっこ28さんについて久しぶりに書いてみた

かなり久しぶりに書く気がするんですけど、初期の方に書いてそれ以来でしょうか? しかし、その初期の方に書いた記事はいまだにアクセスがありますからね… 本当に凄いですよ、りっこさんは… 最近の近況は見ていないのでわからないですけど、確か通信制の大学…

この前見た偏差値30台(偏差値35〜偏差値38)の高校に通う生徒の無気力感は・・・という話

その日はテストがあって午前中で学校が終わったのか、数人の男子と女子が道を歩いていました そうしたらですね、全員がスマホを手に持ってスマホを見ながら歩いているんですよ 動画を見ていたと思うんですけど、なんか暗い表情で無気力感がひしひしと伝わっ…

マグロに賭けた男たち大晦日、俺は負けない、を見た感想&学べること

マグロに賭けた男たちに出てくる大人気マグロ漁師の方と言えば 愛猫ピコ太郎のために孤軍奮闘(こぐんふんとう)し続けている 幸運の漁師、山本秀勝さんなのですが、年々クロマグロ(本マグロ)が取れなくなってきているみたいで しかも、値段の方も下がって…

やっぱり勉強を頑張ってきた人の方が何事も続きますよね、という話

学校の勉強ってなにも高学歴を手に入れるための手段ではなくて 社会に出たときに、あらゆることで成果を出すという意味合いでもやっぱりした方がいいんですよ 例えば、仕事もそうですけど仕事だと労働環境だったり いろんな要因があって子どもの頃から一生懸…

時間は有限ですので、今すぐに自分に価値がつくことをやりましょう、という話

子ども時代に様々な勝負(勉強や部活など)をしたりしますが そこで勝ち負け関係なしに、挑戦したか、しないかが将来の勝敗に関係してくるんですよ 子どもの頃に勝った負けたなんてそのうち思い出になり、過去の出来事になるわけですからね どんなことでもま…

ひきこもりから無理やり連れ出す人たちと連れ出された人たちについて

全国にどのくらいの数のひきこもりの方への支援を促(うなが)す施設があるのかわかりませんけど 多くの施設ではひきこもりの方が自らの意思で行動し続けられるように 日々尽力してるとは思うのですけど、しかし、全国にある 施設のごく一部の悪質な施設が無…

自分の人生で3本の指に入るぐらい人として優秀だった人がラブライブを大好きだった話 Part2

ため息をつきながら製品を入れ直していると ラブライブサンシャインさん「どうしたん?手伝おうか?」と言ってきたんです その時、その人は仕事ができるので一番難しいというか 機械から出てくるのが早いわりにはバリ取りだとか あとは油を拭かなければなら…

自分の人生で3本の指に入るぐらい人として優秀だった人がラブライブを大好きだった話 Part1

ある工場で派遣社員をやっていた時の話なのですが その工場ではプラスチックの製品を作ったりしていまして 工場で働いていた人や今現在も働いてる人はわかると思うのですけど バリ取り、ヒケ、あとは、シルバーという、なんて言いますか 銀色に光ってる不良…

新年あけましておめでとうございます(挨拶のみ)

新年あけましておめでとうございます 新型コロナウィルスの感染者の数が依然とどまりません… 思いも寄らぬ試練を乗り越え平穏な日々が戻りますことを願いつつ 新年のご挨拶ならびに、お見舞いを申し上げます みなさまにとって明るく楽しい一年でありますよう…

本年は誠にありがとうございました

令和2年もいよいよ残すところあとわずかとなりました 今年は本当に大変な1年でした…新型コロナウィルスの影響で世界は一変してしまい 東京オリンピックは延期になり、人々の生活様式自体が 今まで経験したことがないほど、様変わりしてしまった一年だったか…

中学の頃カツアゲされた話を書き込んで大晦日を迎えたいと思います

もはや昔過ぎて薄れゆく思い出ですけどね… 同じクラスの同級生と街に修学旅行に着ていく服を買いに行ったんですよ 駅に着いて店に向かっている時にある男の人に呼び止められたんですね 年は20代前半ぐらい?でしょうかね、何かと思ったらその男性はバイクが…

昔、派遣社員で働いていた工場が倒産しました、という話

正直びっくりしましたね…自分がいた時はかなり利益も出ていて 積極的に正社員を採用していまして、県内ではかなり規模の大きい企業だったんですよ もともと三菱グループの傘下の企業でして、歴史も長く 地元ではかなり有力な企業のうちのひとつだったんです…

去年の自分と今の自分が同じなのであれば、それは恥ずかしいことですね、という話

今、自分を高めるためにいろんなことを学び、常に行動し続けている人は それは正解へとつながる道だと思いますので、安心した方がいいかと思います どんな小さな一歩でも、数字に出なくても、その小さな努力は確実に積み重なってますから その内、表面に出て…

大塚家具、大塚久美子氏、社長退任について(庶民の気持ちわかりますか?編)

どのくらい前でしょうか?大塚家具の社長の大塚久美子氏がついに 社長を退任という報道がされていましたけど、全く関心がないという人もいるかもしれないですが とくに株主のみなさんにとっては朗報と言うか、やっとかよ…という気持ちでしょうか 社長退任後…

NHKドキュメント72、タクシードライバー街ゆく彼らの人生行路を見た感想&学べること

タクシードライバーの方というと、失礼な言い方になるのかもしれないですけど わりとご年配の方が多いのかな?という印象は受けます しかし、ここに出てきた方々の中には若い女性や男性、元エンジニアという方もいて いろいろな人がいて、その背景には様々な…

自分が中学2年、3年のときの担任マジで嫌いだった話など

今までほぼ誰にも言ったことないですし、ブログには初めて書くかと思います 人によって差別をする結構、嫌な先生だったんですよ… 成績がいい子にはすごく優しく、しかし成績が悪い自分みたいな人には冷たいと言うか そもそもあまり話したこともないですし、…

木を植えても、すぐには大きくはならないですよね?という話

人生においての敗北の原因は、行動しないことでもなく、学ばないことでもなく 学ばずに行動しないことです、これからの時代は発信しないこともプラスされたかと思います 人生、生きていればたくさん失敗します、何をやるにも最初は、失敗からのスタートかと……

若い茶髪の女性が旗振り(はたふり)をやっていた話

冬前によく公共事業で道路を工事、補修(ほしゅう)していたりするんですけど その時に茶髪の若い感じの女性が目に入ったんですね 昔からよくいますし、別にそれが悪いと言ってるわけではないのですが その女性も何かやりたいことがあって、交通誘導の仕事(…

勉強ができない、やらない、苦手な人にとっては、やっぱり対面式の塾は必要ですね、という話

これからはもっと映像を使った授業が当たり前になっていき 自分で勉強ができる人は参考書や問題集を併用しながら インターネットの回線を通じて勉強をするというスタイルはもう主流になるのかもしれないですね わからない部分があったならば、オンラインで聞…

なにも挑戦しない人生って怖くないですか?という話

リスクを恐れてなにも行動せず、失敗もせず、なにも挑戦しない人生 それともリスクがあるのがわかっていても、自分の運命を切り開くために自ら学び、自ら行動する人生 どちらの人生を選ぶのも自由ですけど、例えば、どちらの人生を選んだ方が その先、地獄が…

鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎から学べるこれからのリーダー像

鬼滅の刃を見ていて、これからの時代は竈門炭治郎みたいな人物が リーダーとして人をまとめていい組織を作ったり、人に多くのいい影響を与えていくのかなと思いました 昔のリーダー像といえば男性も女性も一人の人が主導権を持ち みんなを引っ張っていくとい…