偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

いじめ、性的虐待、親の暴行などについて


いじめは視野が狭くなり、他の事は考えられなくなるからまずは行動して視野広げる事が重要ですね


たくさん行動して、たくさん失敗して、たくさん経験しないと、狭い視野しか持てなくなるので、結局、いじめられた→辛い→自ら命立つ


みたいになりがちなので、なんとか踏み止まって、楽しい事、見つけられるようチャレンジしてほしいですね


中には、親に性的虐待受けてる子や暴行などの虐待を今、現在も受けていて、辛い日々を送ってる、子供達いるでしょうが、とにかく誰かに助けてと、行動に移しまくれば、必ず誰か助けてくれるので、まずは勇気を出して公共機関に飛び込んでみてほしいですね


その場所に行っても話聞いてくれないならまた別の場所に行くとかすれば、絶対、誰か話聞いてくれて助けてくれるので…


日本に生まれたなら、自分の努力しだいで結果出せるし、これからの未来は凄い楽しい未来になると思いますよ


これから、AIやいろんな技術がどんどん進化して、月にも旅行行ける時が来るし、車も空飛ぶ時が来るかもしれない、ワクワクしないですか?


宇宙人にもその内、会える可能性あるんですよ!


宇宙には無数の今も発見されていない星があるのに、地球にしか生命体がいないって考えの方がおかしいと、宇宙関連で仕事してる人達はほぼ全員言ってますし


前田裕二さんだって、幼少時代は本当に苦労されましたけど、今は立派な成功者じゃないですか


中学、出てとび職に就こうと思ってたところを、優秀なお兄さんの助言で大学に進み、外資系の金融業で成果出して、年収何千万っていう成功を手にしたんですよね


前田裕二さんだって、死ぬほど努力したし、辛かったと思いますよ…


長くなるので、とにかく、いろんな事やってみて視野広げて、自分にあった楽しみ見つけるとか、バイトして、東南アジアの貧困街に行っていろんな境遇で生活してる人、見て来るのもいろいろ衝撃受けて考えが変わる可能性もあるのでいいかもしれないですね


人間いつか寿命が来れば、死ぬのでその時まで、人生辛い事も山ほどありますが、楽しい事も山ほどあるので、頑張って人生、生きてみませんか?という、底辺からの助言でした