偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

15歳で母親になった少女についてPart1


その子は高校進学は諦めて今はアルバイトをしながら7万円の月収があり、お金はこれからかかるので将来が不安だと述べてましたね


父親らしい同級生は逃げて向こうの親は関係ないと拒否しているらしく冷たい人達だなと…責任がないわけないだろうと・・・


高校には行かなかったり、中退した人の多くはお金に困り貧困家庭になる確率は高いらしく、子供の教育にも影響でると専門家らしい方がおっしゃっていましたが…


これについて例えば YouTubeで子育ての悩みなどを毎日発信する、毎日にブログに書く、Twitterでも毎日発信することでおそらく子育て中のママさん達が興味を持ち確実に見てくれますよね


そこで本当に強い信念を持って子供を大事に育てて、幸せにしたいという強い思いがあり毎日、発信する事ができるなら必ず優秀なママさん達が助けてくれると思うのですが


当然、中傷する方々も確実にいますし、いないわけないですのでそういった方々も含めて社会というものが成り立ってますし


中傷するのが三度の飯より大好きな人もいて、いなくならないので、中傷、批判されることによって自分はもっと注目されて飛躍できるんだというふうにとらえ、それを前に進む為のエネルギーにすればいいです


Part2でこの子がやるべき事、やった方がいい事などを書きます