偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

自分の住んでいる県の偏差値30台、40前後の公立高校に進学したい志願者の子達が約2,000人もいた件…勉強できなかった自分の悲痛の叫びいや!嘆きだわ…Part4最終章


まとめますと大学に行った方が勉強大変ですけどそのぶん大学時代でしか経験できないことや知識を吸収でき


様々なことへのチャレンジなど、人生を生きる上で、プラスになるであろうものが、手に入る期間だと思うので自分は、推奨しています


別に地方の学生の方とかは、お金をかけて無理やり東京の私大、目指せとは言わないです


それなりの大学に入らないと新卒の段階では学歴フィルターに引っかかって大手企業には、落ちまくるでしょうけど


ある程度、社会人経験を積めば学歴より今までの実績、成果、あなたがうちの会社にどれだけの利益を生んでくれるのか、以外、見られないですし、聞かれないですので、そこまで高学歴に固執しなくてもいいのではないかと思いますが


大手企業の人でも自分に価値があると勘違いしている人も結構いますので、その人に価値があるんじゃなくて大手企業にいるから価値があるんですよね…


それが全く分かってないと言うか、で、退職して自分で会社経営したり、営業に行っても全く相手にされずに廃業してしまうとか、結構あるあるなんじゃないかなと思うんですよね


考えて欲しいのは皆様が経営者なら高学歴だけど会社に利益を生んでくれない人っていりますか?という問いですね


大学でも通信制の大学なら四年間で70万円ちょっとで卒業できる大学もありますので


とりあえず子供の教育は大学を目指す方向で、そこでいろいろな経験や大学の勉強だけではなく幅広い、様々な知識を吸収してから社会人として羽ばたいていくというルートが個人的にはいいと思いますけどね…


社会に出ればとっても理不尽なことが山ほど待ち構えていますので…


それと通信制の大学に行ったら就職できないと言っている人は働いたことがない人達なので気にする必要はないと思いますよ…


仕事は遊びでやってるわけじゃないですし、基本、実力主義ですからね、実績も成果も出してるのに、学歴がどうとか言ってたら笑われますし、恥かいて誰にも相手にされなくなりますよ


長くなりましたが、以上になります、ありがとうございました