偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

子供の反抗期 Part2


まず母親に関しては反抗的でないのであれば、母親を介して、申し訳ないという気持ちを伝える、応援しているという気持ちも同時に伝え


何か欲しいものがあるなら父親が買ってそれを母親にそっと渡してもらい距離を縮めていくのも良いかと思いますし


いきなり距離は縮まないと思いますので、とにかく、上から目線の言い方とかは絶対やめたほうがいいですね


言えば言うほど心の距離が離れていくと思いますし、親子関係の修復が不可能となる場合もありますので…


それと、ストレスのはけ口が子供に対して向かってしまったら取り返しのつかない事態になってしまいますので、注意しなければいけないですね


一番いいのは父親が頭を下げて申し訳なかったと言うのが一番いいのでしょうが、できる人はできるのでしょうけど、なかなか頑固の人もいますのでどうでしょうか…


とりあえず短期間では修復は難しいと思いますので母親の方の負担は増えますがここで頑張らないと最悪、間違った方向に行ってしまう恐れもありますので他人事で申し訳ないですが頑張るしかないですよね


母親が優しくしてくれて毎日頑張っておいしいご飯を作ってくれ、心から応援してくれるならば


子供は若い頃は反抗するかもしれないですが、ある程度、大人になれば母親の元には帰ってきますし(父親とは生涯ギクシャクするかもしれませんが)それでいいんではないんでしょうかね


関係を修復したいのであればそれは父親が努力すればいいだけですので、父親がそれが嫌と言うならどうにもならないですね


しっかりと母親が見守り支え応援してくれるのであれば個人的には大丈夫だと思いますけどね(自分もだいぶ反抗しましたが…)


参考になったか分かりませんが、以上になります


子育ては辛い事がたくさんあると思いますが、やるしかないですので頑張ってください!


応援しています!