偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

NHK 逆転人生「中小企業 を支える、借金地獄サバイバー」を見た感想


あるエリート商社マンの方が出ていまして、その方は親が、商売はやっていて、売上が減ってきたので、商工会ローンを300万円を借りるために連帯保証人になってほしいと息子にお願いしたんですよね


で、息子さんの方も300万だったらすぐに返せるだろうと思って軽い気持ちでいたみたいですが


なかなか利益の方が出ず、消費者金融12社から850万を借り、結局その方は商社を辞めて親の事業を継ぐことを決意し頑張って行くんですけど


エリートの方にもしかしたらありがちなのかもしれないですが、自分ならできる、自分ができないわけないと


変な自信を持ってしまって過信し、負けてしまう方はもしかしたら、多いのかもしれないですね


プライドもあるでしょうし負けを認めたくなくて意地になるのかもしれないですね


大手企業の管理職だった人が、自分でビジネスをやったらうまくいかないと、よく聞きますからね


営業しても、自分は大手で働いていたとか上から目線になり、自分が悪いのに周りが悪いんだと決めつけ、自滅していくパターンとかたまに聞きますからね…


話がそれましたが、最終的に膨れ上がった借金の総額はなんと7500万円でした…


そのぐらいの額になったのであれば自己破産という選択肢しかないと思うのですが、昔からお世話になっている方が、連帯保証人になっていたらしく自己破産できなかったみたいです


その後、闇金業者に弁護士を介さず自己談判し最終的には借金を全額返済したらしいです…凄すぎます…


その経験から今は借金で苦しんでいる経営者の方を救おうと自分で、会社を起こし経営コンサルタントとして、尽力しているらしいです


こういう大変な思いしたからこそ人のために頑張ろうと強い信念が生まれ、頑張れるんですよね


どんなに辛く、苦しくてもあきらめずに行動し続けていれば、いつかは光がさす日が来るんだと、この方から学びました


ありがとうございました、自分も頑張ります