偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

ある職場で上司に詰められうつになって休職した班長の話


この話は自分がある職場で働いていた時の4つあるグループをまとめる班長の話なのです


結論から言えば、その班長はその課の課長に追い詰められしばらく会社に来なくなってしまいました


どんな事を言われたかと言うと


パワハラ課長「何でこの数字なんだ!」


班長「いえ…それが限界です…」


パワハラ課長「もっと数字出せ!」


班長「これ以上は無理があります…」


パワハラ課長「何が無理なんだ!いいから数字だせ!」


班長「………はい」


自分も直接聞いたわけではなく人から聞いた話でして、とにかく数字にうるさいらしく


数字しか見ない最悪な課長だったらしいです


しかし、その課長も上の方に数字を報告しなければいけないので、もしかしたらその課長も上の方から同じように詰められてたのかもしれないですね


そして、しばらくしてその班長はうつになってしまってしばらく休職してしまいました


聞いた話だと子供も産まれたばかりで家も買ってまだ2年ぐらいしかたってないと言ってましたので


これからどうするのかなと心配になりましたね…


そこでブログとかやっていて副業でそれなりの収益があれば楽になれたのになと今になって思います


ブログって記事書いて置いとけば一生お金を生んでくれるかもしれない、お金のかからない、お金のなる木なので本当にやった方がいいですよと


その班長さんにも言いたいですね