偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

どうしても 勉強したくない、意地でもやりたくないという子供たちへの助言


結論から先に言いますとその先の人生は、すごい危ないですね


うまくいくかもしれないし、うまくいかないかもしれないというか


まぁうまくいかない人、低収入で苦しむ人の方がおそらく多いです


理由としては基本、社会の構造として勉強頑張っている人の方が、人を管理する、お金が発生する、お金がじゅんかんする仕組みの中心になるからです


勉強してこなかった人たちは基本その人たちの命令どおりに動く仕事につかざるをえないと言うかそう言った仕事しかないです


勉強してきた人たちと同じ仕事をやろうと思ってもまず採用されません


厳しいですけどこれが現実ですね


じゃその仕組みを俺が私が作るわ!といきるのは全然いいんですけど、何をするにも物事って順序ってものがあるんですよ


例えば、うまくいかない例、うまくいく例をお店に例えるとうまくいかない人はお店を出せばお客さんは来てくれるだろうと基本考えるんですよね


でも、うまくいく人はその場所で店を出したら1日にどのくらいの売り上げがあるのか、ターゲット層は誰なのか、ライバル店はどのくらいあるのかなどを


すごい細かい部分までしっかり調べて何回も何回もシュミレーションし、うまくいかなくてもなぜうまくいかないのかをしっかりと考え改善・改良していくんですよ


しかし、うまくいかない人は自分は間違っていないこの味がわからないお客が悪いんだってなるんですよ


基本的に子供の頃から勉強を頑張ってきた人たちの方が人生をかしこく、うまく生きる上ではうまいです


学校の勉強は社会に出た時にいろんな部分にも応用できますし、やらないなら基本、そこの場所に行って動く仕事になりますね


頭使えないわけですから、体を動かすしかないですからね


これからAIがどんどん進化してくるわけなので今ある仕事がAIに取って代わられるって必然なんですよ


なので、できるだけ学校の勉強もそうですが、その他の勉強もしっかりとやっておかないと苦しむのはあなたですよ


何回か言ってますが、地道な努力をして来なかった価値のない人に対して人はすごく冷たいんですよ


人の不幸は蜜の味の通り、多くの人は人の不幸を楽しみます、喜びます


なのでしっかりと学び、行動し、価値ある人間になってくださいね