偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

若い時に失敗してないと30過ぎてから大変だよという話


失敗をするということは、経験値がたまるということでもありますし


そこで得た経験がのちのちいろんな人たちを助けることができる特効薬になるかもしれないです


当然、何もしなければその薬を手に入れることはできないですよね


そのたまった経験値は将来、お金を生んでくれる価値へと進化する可能性も十分あるのでいっぱい失敗をしましょうという話です


失敗をしたくない人、失敗を恐れて行動できない人は失敗という成功するための燃料となる、経験値がたまらないので


成功という頂きまでたどり着くことは永久にないですね


無理です、不可能です、あきらめてください!


いっぱい行動しいっぱい失敗する、そして、たくさんいろんなを経験をしましょう


とくに子供たち、若者たちは


一番最悪なのが、何もしないことですね


何もしなければ、何も得られるものはないですし、子供の頃や若い時に何もしないとか、もはやその先の人生で痛い目にあいたいですと


声高らかに宣言してるようなものですよ


最後に学校の勉強をするのも当然良いのですが、それだけでは、将来に対する自己投資にはならないので


しっかりと他の勉強もしましょう、そして未来を自分の力で切り開くために地道にコツコツと努力を継続し


明るい未来になるよう頑張り続けましょうという話です