偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

自分に欠点がある人の方がビジネスチャンスですよという話


自分に欠陥(けっかん)や欠点があっても悲観することはないと思います


それは、他の人と違った個性でもありますし、将来もしかしたら、ビジネスで成功する要素かもしれないですよ


世の中には、皆さんの気にしている部分で悩んでる人は、皆さんが、思ってる以上に多いと思いますけどね


例えば(悪口ではないです・・・)、太っている、子供が勉強できない、してくれない、異性に
なかなか興味をもってもらえないなど


どうすれば、その悩みを解決でき、その悩んでいる方を本気で助けることができるのかを


自分なりに考え、行動に出たらいいと思います


ビジネスチャンスですね


結局、人って失敗体験を元にして、それを積み重ねることにより、人はどんどん成長しますので


今は、何もできなくてもずっとやっていると本当に慣れてきますし、うまくできるようになるんですよ


目玉焼きも最初はうまく作れないですけど、ずっとやっているとうまく作れるようになりますよね?


自分は何をしたらいいかわからない人は、前にも言いましたが


競争相手の少ないニッチな部分で勝負してそこでオンリーワンのブランドになりましょう


競争相手が多い、激戦区で勝負しても基本、負けます、嫌にもなりますし、最後まで勝ち残れないです


だって辛いですし・・・


方向性はしっかりと考えた方が良いと思いますね


最後に人生って本当に良くできていて、落胆や絶望の中でもあきらめずに挑戦し続けないと


成功はないと思いますので、頑張り続けましょう