偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

仮免の学科試験で落ちてふてくされて教習所に行かなくなった人の話 Part2


そして、運命の合格発表をむかえることになるのですが…


大丈夫でした、無事に一回で合格することができたというか


あまりにも勉強しすぎて試験の時は一つ一つ自分で解説しながら◯☓をつけてましたからね…


基本的に学校の勉強や高校入試でもあまりにも勉強しすぎたら


問題を一つ一つ解説しながら問題を解けるようになるんですよ


難関大学レベルになるとそれができるかは、わかりませんが…


ここから主に人生をどう生きたらいいかわからない子供たち、若者たちに伝えたいことは


まず成果を出す方法は基本的に基礎と基本の繰り返しで


それをあきらめずに地道な努力をし続けたらそれなりの成果は誰でも必ず出ます


それをやらずに成果を出そうとか考えると痛い目にあって


皆さんを悩ませ苦しめ最悪取り返しのつかない事態になってしまいます


皆さんが悩み苦しむってことは親も悩み苦しむっていうことなんですよ


日本に生まれたのであれば頑張れば、それなりの収入は得られ、それなりのポジションにはつけます


しかし、アフリカや東南アジアの貧困街に生まれたら子供たちはどんなに頑張ったって報われないんですよ…


自分は日本に生まれてラッキーだと思い、地道な努力をし続けた方が


皆さんにとって人生を生きるうえではお得ですので、ぜひあきらめずに頑張り続けてください