偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

ネットである情報商材を買ったらどうなるのか?どういう対応をしてくるのか?について


かなり昔、うさんくさい情報商材を買ったことがあるのですが


全部が全部、同じものかどうかはわからないですけど、基本は同じだと思うんですよね?


それと昔、いかがわしい個人向けの営業もやったことがあるので、だいたいどんなものかさっしをはつくんですよ…


結論から言いますと自分次第、努力次第で稼げますよというごくありきたりなものだと思います


例えば、ある会社である商材を買ったのに全然売れないとクレームを入れると


どのくらい数打ちましたか?(電話や営業など)と聞くんですよね


で、このぐらいやりましたと言うと


あーーそのぐらいやっただけでは成果は出ないですね、稼いでる人はその10倍は頑張ってますよ


みたいにいかにもあなたの努力が足りないですよね?というふうに持っていくんですよ


その中でこれを追加で買えば成果が早く出ますよと言いまた新しいものを買わせるんですよ


それでまた成果が出なければあなたの努力不足ですよね?他の人はしっかり売って儲けてますよ、みたいな…


だってどんなことを言ってもあなたの努力不足と言われたら何も反論できないじゃないですか…


他の人はあなたよりもっと頑張って稼いでますよ?と言われたら何も言えないですよね?


なので情報商材も既にあるありきたりな情報で稼げるか、稼げないかは


自分次第、自分の努力次第なんですよ


例えば、この教材を使えば成績アップ間違いなし!


多くの学生が短期間で偏差値を30以上あげ難関大学に逆転合格!


みたいなのありますよね、勉強もお金も一緒なんですよ


自分次第、自分の努力次第なんです


すぐに結果が出るものはないかな?とか、効率良く稼げる、成績が上がる方法はないかな?と、気にはなりますけど


仮にあったら皆さん金持ちですし、高学歴ですよね?


偏差値30台の高校に進学する人やFラン大学に進学する人はいないんじゃないんですか?


楽な方向に逃げたくなる気持ちはとてもわかりますけど、地道に努力を継続し続けましょうという話ですね