偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

失敗からは、多くのことが学べますし、人間たいていのことはやればできますという話


人間たいていのことはやればできます


できないのはやらないから、続けることをしないからなんですよ…


他にもやることあって大変ですけど、成果を出したいなら、頑張って続けてそれなりの人生を手に入れましょう


失敗してもそこで立ち止まったり、前に進むのをやめたり、あきらめたりしては駄目なんです


なぜ、失敗したかを考えて問題点を見つけ、次はこうやってみよう、ああやってみようと、必ずやってみる


それがとても重要なんですよ


これをやらなかったり、やめたら絶対に駄目です


最悪取り返しのつかない事態や、後悔する状況になってしまいますので…


失敗してもあきらめずに挑戦し続ければ必ず何かしらの成果は出ます


その成果が役に立つ、立たないかは何回も言いますが、やってみなければわからないです…


ですので、どんどん失敗して小さい成果を積み上げていくということを当たり前にし、頑張り続けましょう


本当に世の中には、いくら頭の中で考えても、実際にやってみなければわからないことはたくさんあります


やってみることで、理屈ではわからなかったことが見えたり、新たな発見があり、それが成功の糸口になったりするので


頑張って行動して、いっぱい失敗しましょう