偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

偏差値35の高校の男子高生がふてくされて道を歩いていた話


自分も似たような経験もありますし、そういった人たちも、何人か見てきたので


正直かわいそうだなと思いましたし、その先はちょっと心配ですね…


あの感じだと高校は中退するかもしれないですね…


そこから通信制の高校とか高認(高卒認定試験)などいろいろ進める方向はありますし


バイトをしながら定時制だとかいくらでもまだ道はあるので大丈夫なんですけど


その先は本人が自分自身で考え行動に移した場合は大丈夫であって


そういったことをしっかりと教えてくれる、悩みや相談にのってくれるような人がいなければ


やっぱり何をしたらいいのかわかんないんですよ…


その男子高生の保護者の方も結構悩んで、どうしたらいいのか苦しんでいる可能性もありますよね…


偏差値30台の高校に進学してふてくされてしまった場合は結構やっかいなんですよ…


自分も当事者でそういう経験があるので言えることなんですけど、その状態だと何を言っても受け入れないんですよ…


お前に何がわかんだ!とか、しょせん、仕事だろ?


みたいな考えになってしまい本当に難しいんですよね…


ですので小、中とできるだけ良い教育方法があるのであれば、多少お金はかかるかと思いますが


そこで学んだことはもしかしたら一生使える武器となって子ども自身を助けてくれるものとなるかもしれないですので


子供の将来を考えるのであれば検討してみるのもいいのではないでしょうか