偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

人生って正直、辛いことの方が多いです、じゃあ辛いので人生あきらめますか?という話


多くの成功された方々が


人のため、社会のために働くと成功するって言ってるんですよ


結局そういうことなんですよね…


自分自身が変わらなければ、良い方向に物事が進むことはまずないです


最大の欠点は、自分自身の中にあります


本気で変わりたいと思うならば、まずは行動ですね


結局、失敗を経験するから成功に至るわけですので、失敗が嫌だと避けている人は成功も避けているんですよ


成功する人は失敗を恐れないですが、負け続ける人は失敗を恐れるんですよね…


失敗したら笑われる、恥ずかしい、怒られるかもしれないなど考えてしまいますけど


それでは、人生うまくいかなくて当たり前ですよね


それと人って苦労して、努力して、初めて人という形になるんですよ


苦労も努力も失敗もしない人間、できない人間は申し訳ないですが、価値が出なくて本当に悩み苦しみますよ


大人でそんな人と関わりたいと思う人は誰もいないです、残念ながら…


最後に、人生という道は、何の障害もなく歩めるような、まっすぐで楽な道ではなく、もはや迷路です


若い頃は大抵の人が迷子になり、何をしたらいいのかわからなくなると思います


結局、自分で道を見つけないと、道に迷い、どの道がいいのかわからなくなりますし


時には行き止まりにつきあたることもあるかと思います


しかし、信念があれば、必ず道は開けます


それが、思っていたような道ではないかもしれないですが


前に進み続けていれば、良かったと思える日がいつか来るのではないかと思います


なので、少しずつでもいいですので、前に進むことをあきらめずに、時にはゆっくり休みながら粘り強く人生を歩んでいきましょう


人生辛いことも多いです、それは皆さんそうですよ、それでも皆さん頑張って生きているわけですからね