偏差値30台、40前後の高校に進学する子供達を自分は救えるのか?人生を掛けた壮大な実験&検証

勉強苦手な子供達を自分は救えるのか?どこまで行けるのか?やってみます

某会社の営業で真のサイコパスに出会った話


一時期ですね、テレアポをしてアポ取りそのお客さんの所へ行って


契約を取るという営業やっていたことがあるんですけど


今思えばなんであんな仕事やってたのかな?と不思議でしょうがないですね…


当時は本当に人として未熟でしたし、世間知らずだったんですよね…本当に情けないです…


その中でまだ3年目?ぐらいのおじさんにいろいろと仕事のことを教えてもらったのですが


何をかくそうこの人が、サイコパス野郎だったんです…


見た目は結構優しそうでわりと普段からニコニコしてる感じで良い人そうには、見えるんですよ


最初に会った時も笑顔で一緒に頑張ろう!みたいなことを言われましたし


正直、良い人に当たった!ラッキー!ぐらいの気持ちでいましたね


けど優しいのは最初だけで、当然契約を取れなければ会社の利益もないわけですから


契約を取れる、数字を出す人が偉いですし、評価されるんですよ、営業主体の会社では


まずテレアポなんですけど、100件ほど電話をかけたらアポが1件取れる


ではなくて1件話を聞いてくれるかぐらいの割合なんですね


今は、詐欺が横行してますから、もっとアポは取れないかもしれないですね…


最低でもアポは1日に1件は取らないと、もう説教です…


多少の暴力とかもありましたし、耳元で悪口をささやかれるとかの嫌がらせも何回か受けましたかね


アポを取ってお客さんの所へ行き、契約が取れれば人が変わったかのように


ほめてくれますけど、取れなくて帰ってこようものなら…


この先はあまり思い出したくないですので、ここらへんで終わります


最後に、こういう仕事を経験したいとか、話のネタにしたいというのであれば、やってみればいいと思いますけど


一切お勧めはしないですね、なぜなら精神的ダメージを受けすぎて病んでしまう可能性もあるからです


間違っても俺なら、私ならできる、稼げるという偏った思考になってしまったら


確実に痛い目にあいますので注意してくださいね