自分の息子が鬼滅の刃、竈門炭治郎(かまどたんじろう)みたいな人間だったら最高ですね、という話


優しさの中にも強さがあり、人の痛みもわかり、周りに変わった人たちがいるからと


決してはねつけるようなことはせず、常に声をかけ続けその人たちが良い方向へ行くように


自らが強い信念を持ち続けしっかりと行動で示せているなど


べた褒めですけど、そのくらいアニメのキャラクターですが、かまどたんじろうは、優れた人物だと思います


作者の方も子どもたちに、かまどたんじろうのような人間になってほしいという


メッセージも込めて原作を書かれたのでしょうかね?


炎柱(えんばしら)のれんごくきょうじろうや、あがつまぜんいつに関しても


子どもたちへ向けてのメッセージでもあるのでしょうか?


現実社会では、はしびらいのすけ(いのししのかぶり物をかぶっている少年)や、あがつまぜんいつ


のような人間は結構、嫌われて孤立してしまうのではないかと思うんですよね…


人間って、他の人と極端に違った人をすごく嫌がりますので


例えば、はしびらいのすけは、端的に言えば自分勝手ですよね、協調性のかけらもないですし


あがつまぜんいつは、すごくネガティブで、学校の中にいたならば、いじめにあいやすいのかなと…


けど、かまどたんじろうみたいな人は前述しましたけど


決して他の人と違っているから、ネガティブなことばかり言ってるからと言って


決してはねつけたりはしないですよね


あんな息子がいたらそれだけで人生楽しいでしょうし


社会に出てもどこの企業も欲しがるぐらいの逸材かと思います


それとに、どんな時代になろうが、臨機応変に柔軟生きていけるでしょうし


個人でも成果は当然出せるでしょうから、かまどたんじろうみたいな人しかいない組織ならば


国が繁栄し豊かになり、全てにおいて最高ですね、という話でした