自分は学校の勉強はどうにも好きになれないです・・・という話


よく勉強できる人で失礼な言い方ですけど、勉強は楽しいという価値観を


無理やり押し付けるような感じの人もいるかと思います


やっぱりわかってもらいたいという強い思いがあり


一生懸命指導することで勉強嫌いな子に、勉強の楽しさをわかってもらいたい


という考え自体はとても素晴らしいと思います、そういった人も必ず必要だとは思います 
 

しかし、勉強をやりたくない、嫌いな子にとっては苦痛でしかないんですよね…


例えば、数学の応用問題や難問になると一朝一夕(いっちょういっせき)ではいきませんし


数学の好きな人や得意な人はすぐに高得点を取れるようになるかもしれないですけど


自分のように数学が苦手で勉強も苦手、嫌いだった人間は


5教科の中で一番時間がかかって一番点が取れない科目かなと思います


例えば、今の自分の考えがあって中学生の頃に戻れたと仮定した場合


学校の勉強はしっかりとします、でもそれは好きだから楽しいからするのではなくて


やっぱり学校の勉強だけではなく、その先の人生を生き抜くためには必須ですし、貧乏になりたくないからです…


学校の勉強もしない、その他の勉強もしないまま社会に出てしまったら


どれだけの地獄が待っているか…これは経験した人でしかわからないかと思いますね…


ですので、国立大学に行くための勉強は必死に頑張ってやり抜き、必ず合格するまで勉強はやめないと思います(難関国立大学ではないです…)


その先は、今もですけどいろいろな情報に目を通したりだとか


あらゆるジャンルの本を読むということもおそらく一生やめないのではないですかね?


先のことはどうなるかわかりませんけど…


自分の場合はどっちかというと人生で生きるため、生き抜くために勉強を続けると言う考えですね


勉強は本来は楽しいよ!!と言われても???となってしまいますね…


それは子どもの頃からの勉強する姿勢が身についてないと、言われたらそうなのかもしれないですけど


勉強は将来こういったことに役に立つとか、いろんなことを学んだ方が


人生で得するとか、痛い目にあう回数も減るよとか逆に学ばなければ損するよ


学ぶことでお金を稼げる人間になれるよなど、言われたのであれば


やるという選択肢以外はありえないんですよね…


勉強が好きで楽しんでやるという人もいるでしょうけど、こういった理由で学び続ける人がいても


継続さえできるのであれば、良いのではないのかなと思うんですけどね…


一番避けなければいけない、何も学ばないで人生を過ごすという


最悪の事態だけは避けれるわけですので、その選択肢だけは選んではいけないですよ


何も学ばずに人生を過ごしてしまうと、これからの時代は本当に生きづらいですよ…恐ろしさすら感じます…