マグロに賭けた男たち大晦日、俺は負けない、を見た感想&学べること


マグロに賭けた男たちに出てくる大人気マグロ漁師の方と言えば


愛猫ピコ太郎のために孤軍奮闘(こぐんふんとう)し続けている


幸運の漁師、山本秀勝さんなのですが、年々クロマグロ(本マグロ)が取れなくなってきているみたいで


しかも、値段の方も下がってきているらしく、昔以上に


マグロ漁で戦っている方たちにとっては厳しい状況らしいです…


息子さんは二人いるのですが、長男の方は山本秀勝さんと同じくマグロ漁師として日々奮闘し続けていて


しかも結婚して家族もいるので、何が何でもマグロを獲らなければいけない状況なのですが


しかし、穫ろうと思っても獲れるものでもないですからね…


次男の方は漁師ではなく違う仕事をしているみたいですけど


年齢も30歳なのでやっぱりいろいろと考えているでしょうし


悩んでいると思いますよ、それはお父さんもお兄さんも


マグロ漁師として日々戦っているわけですから自分もということを


兄弟でいつか同じ船に乗って、二人で頑張ってみたいな


みたいな話もお兄さんとしてたりするのではないでしょうかね…


けど船を買ったりその他にもマグロ漁に必要な備品などを含めると


高ければ億で安くても数千万円らしいです、その他にも燃料代やエサ代などもかかりますので


それに一回、漁に出れば何万〜何十万とかかってしまうみたいですからね…大変です…


マグロが穫れれば数年で大間町に御殿(ごてん)が建つでしょうけど


獲れなければ、莫大な借金を抱えて自己破産まっしぐらですからね…


大間の海には天国と地獄が実在しているわけですので


命がけとはまさに、このことなのかなと思います


山本秀勝さんをはじめ他のマグロ漁師の方の苦労に比べれば


他の人の苦労なんてもしかしたら、苦労とは呼べないのかもしれないですね…


本当に人生で生き抜くことの大変さを学べたかと思います


そして、ピコ太郎の可愛さには本当に癒されました、ありがとうございました