新潟県人の後輩、HIKAKINを語ってみた Part1

f:id:teihenjyuku:20210123124919j:plain


もはや日本人の中では知らない人のほうが少ないくらいの大人気YouTuber、HIKAKINですけど


子どもたちや10代20代の若者の間では認知度は100?100近くになるのでしょうか


日本のユーチューバーの中でも人気度や収入の面でも


5本の指に入るくらいのレベルでしょうかね?


そんなHIKAKINですけど、意外に新潟出身というのは


知られていないんでしょうか?新潟に妙高市という場所があるのですが


まぁわかりやすく言ってしまえば、山ですね


よく偉人は辺境の地から生まれると言われたりするのですが


HIKAKINもその言葉が当てはまっているみたいですし


はじめしゃちょーさんは、隣の富山県の砺波市(となみし)という場所の出身で


日本を代表する大人気YouTuberの方が東京から遠く離れた場所で


しかも、隣の県で生まれ育つというのも、なにかおもしろいですし


若干、運命的な部分も感じなくもないですね、妙高市は新潟の中でも富山県よりです


年齢も近いですし、HIKAKINの方が4歳ぐらい上ですね


もしかしたらお互い子どもの頃、妙高にあるスキー場などで


すれ違っていた可能性もあるわけですので、そう考えると人生とは


おもしろいものかもしれないです、確かHIKAKINはずっとスキーをやっていて


スキーのジャンプの選手として活躍し、かなりうまかったらしく、オリンピックを目指していたと


本人が言ってましたね、その後、ある番組でヒューマンビートボックスに出会い


それが起点となり、日本を代表する大人気YouTuberへと


なっていくわけですけど、本当に器用ですよね、何でも出来ると言うか


そんな誰もが認める大成功をおさめたヒカキンですけど


年齢も30歳を超えていますので、本人もいろいろと考えていると思いますし


またお兄さんにSEIKINがいますけど、実家のことやお母さん、家族のことなどに関しても


2人でどうする?など、話し合ったりしていると思いますので


またまた余計なお世話ですけど、HIKAKINはこの先


どうした方がいいのかなどを、Part2で書いていきたいと思います