新潟県人の後輩、HIKAKINを語ってみた Part2

f:id:teihenjyuku:20210124123743p:plain


まずは、新潟の妙高の実家に帰省しそこに永住ですね


本人も東京はもう飽きたのではないでしょうかね?


基本、自然豊かな場所に生まれ育った人は年をとればとるほど


田舎に帰りたいと思う人の方が多いのではいでしょうか?


親のこともありますし、けど多くの人が仕事やもうすでに


家を買ってしまっているなど、なかなか帰れない状況にあるのかなと…


話がずれましたけど、HIKAKINといえばもはや新潟三大偉人のうちの一人ですよね(自分が勝手に思ってるだけです)


1人目が上杉謙信、2人目は田中角栄元首相、そして3人目がHIKAKINです


もう一度と言いますけど、自分が勝手に思ってるだけです…


それと様々なことを書くブログですので…


まずHIKAKINが妙高に戻ってきてやることは、自分が住む城作りですね


ちょうど妙高の上の方に昔、上杉謙信の居城(きょじょう)であった


春日山城があるんですよ、今は城跡になってますけど


妙高の山を買ってその頂上にHIKAKIN城作るって最高におもしろいですし


全国どころか世界からお客さんが来るでしょうから


地域の発展にも貢献できて、とてもいいと思います


正直、妙高だけではなく地方の多くの自治体がそうだと思うのですけど


少子高齢化の影響で人口が減り、過疎化し村や町そのものが消滅の危機にある自治体は


どのくらいあるのかわかりませんけど、少なからずあると思います


そこでHIKAKINパークを作るとかHIKAKIN動物園などを作ることによって


雇用を生み出すこともできるわけですのでHIKAKINのこれからの人生の生き方として


とてもいい人生の歩み方だと思うんですよ、訳のわかんない高いものを買って配信し続けるより


まずはHIKAKIN、山を買う!!から第2の人生を始めてほしいと切に願います


これからも応援し続けたいと思いますので、体に気をつけて


愛猫まるおともふこのために一生懸命頑張ってください