日本で初めて全盲で司法試験に合格し努力をすることの見本のような人の話

f:id:teihenjyuku:20210225123707j:plain


自分の大好きなNHKの番組で逆転人生という、すばらしい番組があるのですが


そこに、この方が出演していまして、今現在も京都ですかね?


現役で弁護士をされているみたいですけど、主に弱い立場の人を


守るということをやられているみたいで、とにかく熱量がすごくて


すごいアグレッシブな方なんですよ


過去に行政裁判などで、ほとんど勝訴なんてないという裁判でも勝ったり


日本最大勢力と言われている、某暴力団組織の組長に対しても


ものおじせず、戦ったりするなど、世の中すごい人もいるんだなと


衝撃を受けると同時に感心してしまいました


しかもこのとき、事務所に連行されたのかわかりませんけど


頭に拳銃を突きつけられたと本人は笑いながら話してましたけど


申し訳ないですけど、1ミリも笑えなかったですね・・・


弁護士になった後の努力も、とてつもない努力なんですけど


やっぱり弁護士になる前の司法試験への挑戦、ここから本当に多くのことを学べると思いました


今の司法試験ではなくて旧司法試験ですけど、司法試験に関しては全く知識がないので


語りようがないのですけど、旧司法試験の方が難しいみたいなことは、聞いたことがあります


そもそも司法試験自体が日本の三大難関国家資格のうちのひとつですよね


ただでさえ難しいのに、目が不自由なわけですので


普通に解くよりも何倍も難しいんでしょうね…


そして、試験の方ですけど、9回目で受かったみたいですけど


普通はそこまでやり抜かないですよね…


自分だったらやっぱり無理なんだな…となってしまいますけど


この方は見事に日本で初めて全盲で司法試験に合格した


という、栄光を手に入れたわけですけど、この優秀な方から学べることはやっぱりあきらめず


努力をし続けることによって自分が目指している所までいけて


成果を手に入れることができる、ということですね


それを実際に行動で示してくれたわけですので、少しの努力しかしていないのに成果が出ないと


なげいているのではなく、この優秀な方のように


あきらめずに努力をし続けることが重要ということです


本当に世の中、辛いことや苦しいことは、たくさんありますけど


このすばらしく優秀な方のように努力をし続けることを絶えず、やり続けましょうという話です