頑張ったけど報われなかった受験生たちへ向けて Part1

f:id:teihenjyuku:20210312124611j:plain


もうすでに試験も終わり合否の方も判明しどういった方向に進むのか決まってる人たちもいれば


合格発表の方がまだの都道府県の人たちもいるかと思います


自分の希望する志望校へ進路が決まった方々は本当におめでとうございます


いろいろと大変なこともあるでしょうけど、頑張り続けてください


そして頑張ったけれども希望する高校や大学に


合格できなかった方たちへ向けていろいろと書いていきたいと思います


まず様々なタイプの人にわかれると思うのですけど


報われなかったことをバネにして頑張り続ける人


自分はしょせんこんな程度なんだとあきらめてしまう人


人によっては劣等感から自分よりも偏差値の低い
学校を卒業した人や進んだ人をバカにし


下に見るようになってしまう人も少なからずいるのかなと思います


しかし、偏差値で言えば上の方の学校に合格した人たちだって


全員が全員、いい思いをしたり、希望通りの会社に入れるわけでもないですし


自分が求めていたものや、成果、暮らしなどが手に入るわけでもないです


正直言って一流大学を出て誰もが羨む企業に入っても


数ヶ月、数年で辞めてしまう人たちもそれなりにいます


誰もが憧れる大手企業に入っても、今度は求められるものが


今までとは違ってきますので、学生時代は基本、与えられることだけをやっていれば


ほめられ、認められるという環境だったかもしれないですけど


社会に出てからは業種にもよりますけど


自分で考え行動に移しつかみに行かなければ、誰も認めてくれないです


そして会社内やお客さんなどの人間関係を含めたら


かなりの割合で人間関係で病む人が多いのが現状です


なので必ずしも、勉強は頑張った方がいいですけど


何が何でも各都道府県でトップレベルの進学校や難関大学に行けばいいというものでもないです


自分の大好きなYoutubeチャンネルで令和の虎という番組がありますけど


あそこに出ている社長の方々は世間で言われている


高学歴ではない人たちの方が多いということを認識しています


学歴はないのにそれでも年商で何億、何十億、何百億と


稼いでいる方たちなわけですよね、Part2ではそういったことも含めて


それはなぜかということを書いていきたいと思います