35歳までホストをやっていて無職になったらどうなるのか?を考えてみた

f:id:teihenjyuku:20210414124827j:plain


ホストと言っても上から下まで格差があると思いますし


35歳ぐらいで店で上位の売り上げや経営に携わっている方たちもいるでしょうから


その方たちは、置いておきまして、自分が言いたいのは


一発逆転を夢見て売り上げもない状態で何年もホスト続けているとか


あまりいないのかもしれないですけど


人生大逆転を狙って地方から歌舞伎町のホストクラブへ


30手前、前後ぐらいでやってきてホストをやっている


方たちのことを、とても余計なお世話でしょうけど


いろいろと言及してみたいと思います


ある番組で35歳のホストの方が無職になって


この先どうしたらいいのか、ということを言っていまして


その危機感や切実な思いが画面を通して


ヒシヒシと伝わってきたので、こうやってブログに書いてみたいと思いました


この方は、ホストをクビになったのではなく、自らの意思で辞めたらしいんですね


けど、とにかく仕事をしなければ生活ができないので


今現在ハローワークに通い休職中だと言っていました


しかし、そこで立ちはだかるのが年齢の壁です


こればかりは仕方がない部分はあるんですよね…


採用する企業側からしてみれば、誰でもいいというわけではないですけど


ある程度の知識や技術もいらない職業なら


若い人の方を採用したいというのは、どこの企業でも基本一緒じゃないですかね


とくに肉体労働やそれなりに動く仕事に関しては


30歳前後、35歳前後の方で一発逆転を狙って歌舞伎町に夢を求めて行くよりも


自分にできることは何か、を考え毎日地道に積み重ねるという行動を


長期的な視野で考え実行し続けた方が、歌舞伎町に夢を求めてホストとして働くよりも


いい方向に行くと思いますけどね


自分はどうしてもホストをして人生を変えるんだ!!


人生逆転するんだ!!という考えであれば


それはその方の人生ですので、好きにすればいいと思います


けど、おそらくほぼ毎日のように同じ考えを持った男性が


歌舞伎町に夢を求めてやってくるでしょうし


当然、その人たちと同じようなことをやっていても


売れないでしょうから、ホストをやるのであれば


他の人にはない、優位性や差別化をはからなければ


No.1どころかNo.3あたりも一生なれないのではないでしょうか


夜の仕事のことはよくわからないですけど、実力勝負なのは間違いないわけですので


大変でしょうけど、体に気をつけて頑張ってください