40億の借金を16年で返済した、ある居酒屋の挑戦を見た感想&学べること Part2

f:id:teihenjyuku:20210510125239j:plain


続きですけど、人件費を減らし人を減らした結果


管理がいき届かなくなってしまい食中毒を出してしまったみたいなんですね


もう一つは、大事な店が火事になってしまったみたいです…


経営者としてはコストを削減する、人件費を削るって


当然のことだと思ってる人も、いると思いますけど


人件費を削れば削るほど一人一人の仕事の負担が増えるわけですので


どこかでゆがみやねじれが発生してしまい、結局それが


今までうまくいっていた仕組み自体を壊してしまう、結果になってしまうのかと思います


実際、そうなってしまったわけですからね…


しかし、ここであきらめないのがやっぱり、成功する人の特徴なんですよ


今度は人件費を削るどころか、店員数を大幅に増やし、人件費をかける方向で勝負をしたら


なんとこれがうまくいって40億の借金を完済することになるんですよ


凄すぎますよね…武田信玄の言葉で人は石垣、人は城、人は堀という


有名な言葉がありますけど、本当にその通りだなあと再認識させられました


この方も人が重要、大事だということを


何回もおっしゃっていましたし、痛感したと言っていました


コロナの影響でどうしたらいいのか悩むのではなくて


これは次のステージに行くための試練なんだとか、無理と思うのではなく


新しい取り組みをし、成果を出すためにはどうすればいいのかを


みんなで考えよう、みたいなことをおっしゃってましたけど


そこに関しては、うまくいく人たちの共通する部分なんですよね


少し話は変わりますけど、今現在、飲食店に人が来なくなったのは


別に店が悪いとか質が落ちたとかではなく、完全に新型コロナウィルスの影響ですよね?


今は大変ですけど、しかし、いつか終わるときは必ず来るわけですので


そのときに向けて着々と準備をしつつ、またお客さんに


おいしい料理を提供するということを心がけ頑張り続けていくという方向しかないと思います


とにかく成功する人たちは、何があっても試行錯誤し続け、前に進むことをあきらめないんですよ


これは自分もそうですけど、多くの人は見習いましょう、という話です


どんな場面、状況からでも逆転はできるんだということを


教えていただきました、本当に感動しましたし、勇気を出し挑戦することの


重要性、あきらめないで続けることの必要性などを学びました


心から感謝したいです、ありがとうございました