学校の勉強を違った観点から考えてみてはどうですか?という話

f:id:teihenjyuku:20210524125806p:plain


自分がいろいろと助言したいのは、勉強が苦手な子に関してですので


現時点で勉強できる人はそのまま頑張り続けてください


そして必ずみなさんの未来がより良いものになるよう


努力を怠らずに前に進み続けてください、頑張ってください


次に勉強が苦手、やらない、嫌いな人に対して言及させてもらいます


とても多く言いたいことがあるのですけど、ここで全てを書き込むのは


自分も疲れますし、読む方も大変なので、分散して書いてきたいと思います


まずその中の一つでもある勉強ができなかった、やらなかった


嫌いだったのに、勉強をするようになった場合のメリット(利益)などを


できるだけ簡潔に書いていきたいと思います


世の中には勉強が苦手、嫌い、できればやりたくないという


人たちの方がおそらくという言葉をつけるまでもなく圧倒的に多いと思います


前に全国の下の方の偏差値の高校に進学する中学3年生の方たちはどのくらいいるのか?


概算ですけど、計算したことがあるんですよ


※概算(がいさん)(ざっと計算すること)


公立、私立高校含めて本当にざっとですけど、そしたら全国に約10万人ぐらいは


中学3年生だけでいるのかな?という結果になりました


当然、中学2年生、中学1年生、小学生にも勉強が苦手、嫌い、やりたくない


という人たちは相当な数いると思います、そして、その小、中学生に対して言いたいことは


勉強が苦手だったけど、できるようになった、嫌いだったけど、しっかりとやるようになった


などの実績が、あるのであれば、社会に出たときに


一つの武器を持って生きていくことができるんですよ


その武器だけではライバルは多いので厳しいですけど


例えば、そこにITを掛け合わせてみるとか、医療だとかスポーツなど


それは自分で考え見つけなければ、いけないですけど


ようは武器が多ければ、多いほど差別化を図ることができ


代わりのいないレアな存在になれるということです


カードで言えば、レア(R)カード、人によっては


スーパーレア(SR)カードになれるかもしれないです


それは本人の努力次第ですけどね


そういった理由で今現在、勉強を頑張っていないのであれば


自分の将来のために頑張ってみてはどうでしょうか?


やるのもやらないのもみなさんの自由ですけど、やった方が


他の人よりも人生をお得に損せずに生きれる可能性が高くなりますよ、という助言です


頑張ってください、応援しています