りらくる創業者、竹之内社長の意外な学生時代について Part1

f:id:teihenjyuku:20210608124512p:plain


令和の虎というYouTubeのチャンネルを見てる方は知ってると思うのですけど


知らない方のためにとても簡単に説明しますと、もの凄いお金持ちです


よく目にする文字で270億を稼いだとか、非常識な成功方法という文字を見ますが


おそらくそれで自身をブランディングし、多くの方に


興味を、持ってもらおうとしているのかと思います


令和の虎に出演している社長のみなさまは、独自性があり


発想の方もユニークでおもしろいな、と思う方が多いという印象を、とても受けます


その中でも竹之内氏は、いろんな観点から物事を見れたり


考えることもできる、もはやエキスパートのような方だなと思い


常に様々なことを学べて正直、おもしろいと思いますし、とても勉強になります


そんな竹之内社長ですけど、タイトルにもある通り意外な学生時代を過ごしてきたみたいで


正直言ってこれからの学校というもののあり方、自体を考えさせられる


部分ではないかと思い、書いてみることにしました


まず中学生時代ですけど、ご本人はとても勉強ができたみたいで


とくに数学が得意だったらしいですね、自分とは真逆です…


進学した高校は勉強ができたということはおそらく


それなりの偏差値の学校ではないでしょうか?


しかし、高校では全く勉強なんてしていなかったらしく


そもそもほとんど学校には行ってなかったみたいですね


出席日数もギリギリで卒業したと、ご本人がおっしゃってました


これは自分の勝手な推測ですけど、竹之内氏は子どもの頃から


お金持ちになりたいと思っていたらしく、自分は将来起業するんだから


学校の勉強なんて意味がない、バカバカしい、と思っていて


やらなかったタイプなのでは、ないでしょうかね?


大学には一応、進学したみたいですけど、意味がないと思い


たったの4ヶ月で辞めたと、これもご本人がおっしゃってましたね


その後は、いろんな仕事をしたり、たこ焼き屋が儲かってると知ると


その内情を知るために、たこ焼き屋にアルバイトとして盛り込んだり


しかもこのときは、りらくるを創業し、年商で何十億、何百億という


大社長の頃だったらしいですからね…


本当に成功する人って好奇心が旺盛(おうせい)といいますか、行動量など


半端じゃないですよね…自分も見習いたいです


そしてここで一つ気になったことがありまして、今、仮に大学を卒業した後


どういった職種の仕事を選ぶんですか?という質問が視聴者の方からあったんですね


それは、なんと答えたかと言いますと、ベンチャー企業に入りたいという答えだったんですよ


それとは逆で、大手企業には絶対行かない、と言っていたのが


すごく印象的で、ぶっちゃけ自分もこっちの考えなんですよね


その理由については、Part2で書いてみたいと思います