なぜブラック企業は存在しブラック体質になるのか?

f:id:teihenjyuku:20210622124938j:plain


ブラック企業といっても人によって定義が違いますので


何とも言えないのですけど、例えば、こんな形はほぼ100%ブラック体質になるであろう


仕組みを、元ブラック企業養分マンがつらつらと書いてみたいと思います


まず取り扱う商材は、メーカーが作ったものを売るという形は、ほぼブラック体質で


根性論、精神論、お前がやる気がねーから売れねーんだよ!論など


思考がもはや戦前なんですよ…


おそらくその人たちは、天皇は国民の象徴ではなく


天皇は神だと本気で思っていると思います、とにかく何が何でも粘りに粘って売る


という営業スタイルじゃないと、正直売れないような仕組みでもあるんですよ


それはなぜかと言いますと、前述しましたようにまずメーカーが作っている商品


例えば、コピー機だとかのOA機器なんてはっきり言ってしまえば、いらないじゃないですか?


既にあるのに変える必要もないですし、新しいものに変えるにしても


直接メーカーに問い合わせればいいだけなんで…


この販売方法って代理店という形のビジネスモデルなんですけど


簡単に説明しますとまず、コピー機であれば国内トップシェアの


キャノン、リコー、富士ゼロックスのコピー機があります


このコピー機を代理店として自分たちが売りますので


売れたらいくらか、お金をください、というビジネスモデルなんですね


売り込む会社も、ほぼ毎日のように電話だとか飛び込みで


どうですか?みたいな形で来るので、正直うんざりしてるんですよ…


その中で無理やりねじ込んで売っていかなければならないわけですから


だいたいその大変さというものが、おわかり頂けると思うんですよね


当然、毎月ノルマというものがありそこに達成できないものなら


詰めると言うんですけど、わかりやすく言えば説教ですね


人によっては、とてもここには書けないような言葉のオンパレードです


ときには暴力もありました…今もあるところはあると思いますね…


契約を取れて、それなりの台数を売れるのであれば


それなりに高額な収入を得ることができるんですけど


もう1回おさらいしますと、売り込むお客さんはほぼ毎日のように


電話だとか飛び込みでくるので、本当にうんざりしてるんですよ…


その中で契約なんてしてもらえると思いますか?


どんな仕事をやるのもその人の自由ですけど、オススメは


自分の仕事を自分のルール通りにつくりれたり、自分が主導権を握れる仕事に就くか


起業して自分で会社をつくるという形が、当然そんな甘くはないですけど


様々な観点から考えてみた場合、こっちの方が有意義な人生になるのではないでしょうか


人生は一度限りなわけですから、ぜひ悔いのないような方向に進んでほしいと思います