進学校→難関大学→財閥系商社に新卒で入社したけど、いろいろあった人の話 Part1

f:id:teihenjyuku:20210722125242j:plain


ある番組でキャンピングカーで生活して過ごしている


凄くダンディな、50代の方が、出演されていまして


過去の自分の人生を赤裸々に語られていたのを見て


正直、いろいろと考えさせられましたね…まず県で一番?かわからないですけど


進学校に進み、その後は、頑張って難関大学へ進んだ後は


何と、財閥系の商社に新卒で入ったらしいんですね


今の50代の方が新卒で財閥系商社に入るなんて、恐ろしいぐらいの


競争を勝ち抜いてきた、エリートと言っても過言ではないぐらいのレベルかと思います


商社なので海外に赴任し、いろんな国に行って仕事をすることになると思うのですけど


しかし、この方は、その仕事が自分には、全く合っていなかったらしく


約3年ぐらいで退社という決断をしたらしいんですね


当然、親に反対され、友人からも、もしかしたらもったいない!と言われたのかもしれないです


そのまま勤務し続けていれば、30代前半、早ければ


20代後半ぐらいで、年収1,000万の大台に乗る方もいるんでしょうね


けどその方は、そんな人生の生き方は違うんじゃないか?と思い始めたみたいで


確かに今も一部の人たちは、周りの環境というものもあるんでしょうけど


進学校→難関大学→一流企業へのルートを進みたい、それが一番良い人生のルートなんだ!


と、思っている方々は、実際にいると思います


今の50代の方で、難関大学に進んだのであれば、より色濃く


誰が一番早く、年収1,000万に達するのか勝負しようぜ!とか


どれだけ多く大手企業から採用されたのかを、それも勝負しよう!


みたいなものは、難関大学に進んだ人たちの間では、実際にあったみたいです


ちょうどバブルまっただ中の頃でしょうか


そういった、もう日本では、一生起こらないであろう景気が良い時代もあったわけですよね


その中でこの方の人生観と照らし合わせてみて、これからの時代は


どう生きていくべきなのか、ということをPart2で書いてみたいと思います