芸能人の成功のしかたは、危ないですよね、という話

f:id:teihenjyuku:20210725123503j:plain


芸能人として売れるって基本、大手芸能事務所に所属していなければ


まず、テレビやCMなどで見ることは、ほぼないですよね


そして大手事務所を辞めた後は、いきなり見なくなる芸能人の方は、たくさんいます


そのぐらい芸能界という世界では、大手芸能事務所という存在は


強大な力を持っているんでしょうね


その大手事務所が、良いのか悪いのかは、別としまして


やっぱりかわいそうだな…と思うのが、所属していた、タレントの方になるかと思います


今は、テレビ以外でも枠が広がり、YouTubeやSNSなどで、活躍できる幅が広がりましたけど


しかし、大手事務所に所属しているというブランドやネームバリューは


やっぱりとてつもなく大きいですよね


阿部寛さんとかあのレベルになれば、どこの事務所だろうと


阿部寛さんという一個人に価値があるわけなので


さほど、問題はないのかもしれないですけど


若手タレントの方や男性、女性アイドルグループに所属していたとなっても


これは、人によるでしょうけど、一個人として活躍し続けるのは


なかなか難しい部分はあるのかな?と思ったりもします


ある程度の固定のファンの方は、ついてきてくれるでしょうけど


その方たちが、いつまでも応援してくれるという保証なんてないですし


一個人として活躍していくとなっても、妙なプライドが邪魔をしてしまって


横柄な態度になってしまったり、上から目線で自分は、凄いアピールをし始めたり


虚勢を張って、いろんな人を下に見たりする態度が目にあまり


結局、仕事が来なくなってしまうということも、普通にあると思うんですよね


なので、いきなり大きな力を借りるのではなくて地道に何もない


まだ、何もできないところから徐々に力をつけていった方が


人生、先を見据えて考えた場合、差別化を図れ、オンリーワンに近い存在になれると思いますので


下手に芸能人を目指すよりも、それ以外の違った方向を目指したほうが


個人的には、良いと思いますけどね、という話でした