学校で味わう劣等感、それマジで意味ないから!という話

f:id:teihenjyuku:20210726103347j:plain


自分も落ちこぼれですし、劣等感を持っている人の気持ちは、痛いほどわかりますよ


劣等感なんて一切ない!気にもしない!という人もいるでしょうけど


それが正しいですし、正解だと思います


学校の中での落ちこぼれって、基本、勉強ができないことですよね


勉強はできるけど、学年一運動音痴という人を、落ちこぼれ、とは言わないですからね


学校で落ちこぼれないためには、先生の言うことをしっかりと聞いて


勉強に関しては、市販の問題集を鬼反復しとけば、成績なんて


公立の小学校、中学校ならば、真ん中よりも上になるんですから


ただそれだけのことなんですよ、しょせん、そんな程度のことなんです


そんな程度のことなのに、学生時代にくらってしまった


劣等感という、どうでもいいダメージのせいで、社会に出てからも


自分はダメな人間なんだ…と考えてしまい、人生の方も


なかなか、上向きになりづらい状態になってしまうのかもしれないです


けど、本当に学生時代と社会に出てからでは、一部の職業を抜かして、評価の基準が違うんですよ


学生時代は先生に褒められる、認められることをやっていて


与えられたものを、高い水準でこなしていれば、評価が高くなりますけど


社会に出たら基本、自分で課題や問題を見つけ、自分で考え


自分で動かなければ、誰も褒めてくれないですし、認めてもくれないです


これができない人は、遅かれ早かれいずれ、民間企業なら


リストラされます、公務員やリストラがあまりない職業の場合は


人間関係で、すごい悩むと思いますし、悪口を言われると思いますよ


あの人本当に役に立たないよね、早く辞めてくれないかな


本当あの人は駄目だよね、など、人によっては、もっと酷いことを、普通に言われます


ですので、学校での評価なんて気にせずに、社会に出たときに


人に価値を与えられる人間になるためにはどうすればいいのか?


何すればいいのか?ということなどを、考えながら


日々を過ごした方が、みなさんの将来は、より良いものになると思います


という話です、頑張ってください、応援しています