学校に行くのは人生の中の冒険の一つですよ、という話 Part1

f:id:teihenjyuku:20210727100818j:plain


どうしても学校に行けない理由、例えば、病気だとか


いじめ、他にも教師に嫌がらせやハラスメントを受けているなどの


理由があるのであれば、無理に学校には、行く必要はないと思います


病気に関しては、しかたないというわけではないですけど


本人の学校に行きたいという意思がいくら強くても


病気に関しては、どうにかできるものではないですからね…


不公平ですけど、どうにもならないかと思います


しかし、いじめや教師が原因で学校に行けなくなってしまったならば


しかるべき対応してから学校には、行かないという判断をしてもいいのかな、と思ったりもします


それ以外に関しては、例えば、学校の勉強をしたくないとか


大した深い考えもなく、ただ学校は行っても意味がない!


学校の勉強は将来役に立たない!やるだけ無駄!というのであれば


将来的にかなり損をするのかな?と思ったりします


ここでおそらく多くの人が学校に行かないと学歴というもので


損をすると考える人は多いと思うのですけど、確かにそれも一部あるんですけど


自分が言いたいのは、前にも書きましたけど


学校の中には、本当にいろんな性格の人がいるので


その中での立ちふるまいだったりというのは、社会に出て


いろんな人とコミュニケーションをとるための練習だったりするんですよ


基礎的なものかもしれないですけど、それをやってから社会に出た人と


やってないで社会に出た人では、長期的な視野で見ればわかりませんけど


20代では、かなり差は出ると思います


20代ですごい優秀な友人ができたり、人としても尊敬できる


異性と付き合い結婚できたり、人脈に関してもそうですよね


これに関してはコミュニケーションをとれる人の方が


圧倒的に有利なので、そのための基礎を学校の中で学んでおくというのは


わりと大事だったりすると思います、その他の部分に関しては


Part2で書いてみたいと思います