子どもの頃から一つのことに特化するのは、有りなのか?無しなのか?

f:id:teihenjyuku:20210820104104j:plain


結論から言いますと、全然有りだと思います、オリンピックの競技でもそんな種目あるの?


というものもあるわけですよね、その一つの種目に特化し


オリンピックに出れるぐらいのレベルに成長できたなら


その価値を変化させることによって、将来、普通にお金を稼げるようになると思うんですよ


例えばですけど、オリンピックの種目ではないですけど


縄跳び、ありますよね、あれを4重飛びだとか5重飛び


縄跳びをクロスさせて、ものすごく速く飛ぶなどの動画を


YouTube上にあげれば、それなりの再生回数って稼げると思うんですよ


そしてそれを、縄跳びが上手くなりたい子どもたちに指導するとか


縄跳び+ダイエットを組み合わせてみて、新規のビジネスを


つくってみるなどの方向性も、全然いけると思います


一昔前ならば、縄跳びなんて極めたって何の意味もないよ!


そんなんでお金なんて稼げないよ!それよりも必死に勉強して


難関大学に入れば、良い会社に就職できるんだから


そこを目指すべきだ!みたいな風潮はありましたし、今でもあります


別に必死に勉強して難関大学を目指すことを、否定なんてしないですし


良い会社であろうところに就職することを目指すのも、全然否定なんてしないです


ただ、その方向性って、もう辛いよね、とか、もう苦しいよ…


自分の好きなことをやりたいよ…という人たちも多いですし


これからはもっと増えてくると思います


その中で一つのことに特化し、優位性や主導権を取れるって


人生すごく楽しいでしょうし、生きやすいと思うんですよ


組織の中に入る=ストレスとの戦いという部分もありますし


でもそれが、社会人として生きていくというものだ!とか


それが人生だ!という人も、いるのかもしれないです


しかし、組織を抜けて個人で戦っていける土俵を自分でつくれるならば


そういうことを言う人たちは、どういった選択肢を選ぶんですか?


という問いかけを、投げかけてみたい気持ちはありますけどね


とにかくこれからの時代は、一つのことに特化をしたとしても


変化させることによって、どんな形からでも、お金を得る方法は


つくれるので、そういった選択肢も有りなのではないでしょうか、という話です