勉強が苦手な子の語彙(ごい)の増やし方を教えます

f:id:teihenjyuku:20210910104606j:plain


まず結論から先に言いますと、いろんな経験をし、いろんなことを知ってる人と


しゃべりまくる、これが一番、有効な方法だと思います


大人になれば、学ぶことの重要性を認識して、自ら行動に移し


語彙を増やすためには、どうすればいいのか?を考え


本を読むとか、いろんな人と話してみるなどをすると思うんですけど


小学生、中学生ぐらいでそれは難しいかと思います


インプットよりもアウトプット重視でとにかくいろんなことを


知っている人の話を聞きまくって、しゃべりまくる


これをすることによってものすごく語彙は増えますね


その中で本を読むことは、いろんなことを学べて人生を生きる上で


すごく得だよ、逆に学ばないと人生超絶ハードモードになり悩み苦しむよ!


などを教えれば、普通に読むようになると思います


そもそもそういったことを教えないのに、勉強苦手な子


嫌いな子が、本なんて読むようになるわけがないです


よく国語力がどうだとか、自分とは違い頭の良い人たちが


あーだ、こーだ、言ってますけど、国語力=読解力と


定義する方たちもいるとは思いますし、確かにそれは


国語力というものの中で、重要な部分なのは、間違いないかと思います


しかし、自分が思う国語力の中で一番重要なものは


人に何かを伝える力だと思いますけどね、例えば、店の店員さんで


ものすごく伝える力があり、伝える力にたけている人がいたならば


かなり重宝されますし、店の売り上げもすごく上がると思うんですよ


かたや読解力があっても伝える力が乏しい人の場合だと


なかなか選ばれる人間、あなたがいなければダメ、だとか


必要だと言われる人間には、なりにくいのかなと思ったりもします


正直、読解力なんていくらでも鍛えようと思えば鍛えられるので


それよりも語彙を増やし徹底的にアウトプットさせ


伝える力を鍛えた方が、勉強が苦手な子の将来の選択肢も増えるので


できるならば、やった方が良いですよ、という話です