親ガチャについて

f:id:teihenjyuku:20210924113536j:plain


多くの方が、親ガチャと聞くと様々な感想を持ったり


中には感情をあらわにし憤慨するような人もいるのかもしれないです


ここで親ガチャと聞くと親に虐待を受けていたり、性的暴行など


そういった方向に話をずらして実際に親ガチャってあるよね?


何も言い返せないよね?という形に持っていく人もいますので


それは確かにその通りなんですけど、それだとそこで話が終わってしまい


様々な観点から物事を考えるということはできなくなってしまいますので


自分が言いたいのは、ごくごく普通の家庭に生まれて育った


場合の、子どもたちについて書いていきたいと思います


そういった家庭で生まれ育った子で親ガチャという人は


主に都会の裕福な家庭の子に対しての嫉妬という形での


親ガチャという言葉を発する人もいるのかと思います


他にも容姿のことだったりとか、あとは、やっぱりお金に関することで


前述しました通り嫉妬だとか不満が積み重なってついつい親ガチャと言ってしまうんでしょうかね


ここで一つ疑問があるんですけど本当に都会の裕福な家庭に生まれ育った人って幸せなんですか?


それって親とか家庭によっては祖父、祖母、それ以前の人たちが用意してくれたもので


その人たちに価値があるんですよね?その人たちが、しっかりと用意してくれたから


質の良い学校であろう所に通うことができ、その学校に


いる人たちも、それなりに裕福な家庭の人たちなわけですよね


そして社会に出て仕事をしていくことになるわけですけど


多くの人ってそういった人に興味ってありますか?頼りたいですか?


例えば、大塚久美子氏にコンサルを頼みたいとなったときに本気で頼みたいと思いますか?


親ガチャってつまり、この親の元に生まれたのは失敗だってことですよね


けど失敗から多くのことが学べるって、もはや常識です


そして、親ガチャ失敗の方が自分で社会を生き抜いて


いける力をつけれるチャンスではないでしょうか?


ある程度の年齢になってくると誰からも必要とされない


興味を持たれない、誰からも頼りにされない、という感覚はマジで生き地獄ですよ


そういった意味では、親ガチャ失敗の方が、将来的に多くの人に


必要とされる人間になれるかもしれないわけですので


むしろ親ガチャ失敗の方が、自分次第では、良い人生を


歩めるので、むしろ当たりではないのでしょうか、という話です