勉強に適正ってありますよ、という話

f:id:teihenjyuku:20211009132504j:plain


勉強の適性のない自分という人間が、勉強の適正のない人間と


学生時代、社会人時代と多く接し、多くの無駄な時間を過ごしてきた結果


一つの結論に行き着くことになりました、それは人によって


勉強は確実に適正ってあります、という結論です


勉強できる人が、勉強できない人に対してなんでそんなのがわかんないんだろう…


とか、何で覚えられないんだろう…なんで理解できないんだろう…


などまだありますけど、これ以上書いてしまうと悪口みたいに


なってしまうのでここらへんでやめたいと思います


それとは逆に勉強できない人、苦手な人が勉強できる人を見ると


なんでそんなすぐ覚えられるんだよ…何でそんなすぐ理解できるの?となるわけですよ


運動に関しても、みなさんの学生時代に、ものすごく運動能力が高くて


何をやらせてもそつなくこなす、運動の神みたいな人は一人ぐらいはいたと思うんですよ


けど運動音痴と言いますか、何をやらせてもどんくさい


運動の神に嫌われたと言いますか、見放されたという


レベルの人も実際に一人ぐらいは、いたと思います


自分の学生時代もサッカーの練習をしているときに


何十回やってもボレーシュートができなかった人がいたことを思い出しました


何十回やっても足にボールが当たらず、たまにあたっても、あさっての方向に飛んでいくんですね


しまいには、片足だけではなく両足が出て、ドロップキックみたいになったこともありましたね


f:id:teihenjyuku:20211009132527j:plain


勉強も運動と一緒で適正って確実にあります、という話なんです


しかし、適正がないから勉強するなと言いたいわけではなくて


あくまでも適正は人によって確実に存在しますし、細かく見れば


1から100ぐらいまでわけられます、というだけの話です


例えば、中学時代、偏差値30から50ぐらいまでなら


勉強の適正はなくてもいけると思いますけど、偏差値30から70ぐらいまでは


一部の例外を除いて、基本はないと個人的に思いますね


どんなに勉強を頑張って続けることができたとしても


そこまでは上がらないと思います、上がったのであればそれは


勉強に対する適性があったのではないでしょうか、という勉強オンチの見解です


同じ偏差値30でも、勉強できるけど勉強をやってなくて偏差値30と


勉強を一応、イヤイヤでもやっていて、授業態度もマジメな人の偏差値30では


全く違いますからね、前者の人は偏差値70の壁は


本人の努力次第で乗り越えることは可能だと思います


では、みなさんは後者の人はどうだと思いますか?


ここからの展開や深堀の方は、いずれまたしてみたいと思います