中2のときの国語の通知表そういえば、1があったわ、という話

f:id:teihenjyuku:20211115104836j:plain


自分が中学のときの通知表は、ほぼ2だらけだったので


世の中には、2という数字しかないんじゃないの?


2がつく通知表が当たり前なんだよね?


凄い!自分は、2に愛された中学生だ!と思うわけないじゃないですか


その中でも数少ない1という数字が、そういえばあったなぁ…と


何十年前の記憶が、ゾンビのように蘇ってきました


もともと成績が、悪かったというのもあるんですけど


何か作文を書いたときにその国語の担当が、おばあちゃん教師だったんですね


f:id:teihenjyuku:20211115104914j:plain


その、ばあちゃんのお気に召さなかったのか、すごい低評価をくらってしまい


1という超貴重な数字を、授かったのかなと思います


でも自分にとっては、勉強できなかったですし、やる気も


皆無だったので、ノーダメージなんですけどね


作文の内容までは、詳しくは覚えてないんですけど


ようは、中学生らしい将来の夢だとか、人の役に立って感謝されることは、大切だと思います


みたいなキラキラしたワードをぶち込んだ文章じゃないと


良い点数はあげないよ!という公務員教師色に染まってしまった


グランドマザーティーチャーは気に入らないといいますか


国語の教師は、基本そうなのかもしれないですね


奇想天外なことを書いても、学校という空間の中では、弾かれるんでしょうね


個人的には、奇想天外なことを書く中学生の方が、おもしろいと思いますけど


そうやって学校色に染まれない人間にとっては、すごく学校の中では、生きづらいですし


不登校になる子や、自ら命をたってしまう子がいるのも、うなずける部分は、正直ありますね


自分がそういった子たちに助言できることは、あまり学校というものを


中心に持ってきて、そこが、あたかも全てと思うのではなくて


学校なんて、しょせん決められた期間内に身を置くための限定期間なんだから


学ぶことだけ学んでとっとと、さよならしよう!ぐらいの気持ちでもいいと思います


実際、学校生活というものは、いつか終わって社会に出るときが必ずくるわけなので


しょせんいつか終わる学校生活に悩んだってしょうがないわ!時間の無駄!


それより将来どうやってお金を稼ぐのかを考えよう


みたいな感覚でいいと思います、という話です