イオンでnanacoは使えるのか?という話からコミュニケーションの話につなげてみた

f:id:teihenjyuku:20211126094559j:plain


マイナポイントをnanacoに付与し、その付与された分をどこに使おうか?


と考えていたんですけど、イオンでいろいろと買い物をし


その分をポイントに当てようかな?と思い、その前に


イオンでnanacoって使えるのかな?とネットで検索して調べてみることにしました


そのときに、イオン、nanacoと入力するつもりが間違えて


イオン、奈々子と入力しenterキーを押してしまったんですね…


そこは瞬時に、あぁ!間違えた!と思ったときには、時すでに遅しで


最初の1ページ目が、目の前に飛び込んできました


そのときにそのページの一番上の部分にイオンで奈々子は使えますか?


と、Yahoo!の知恵袋で質問したウルトラおバカの方がいたんですね


わざと間違えてその質問をしたのか、全く気づかずに質問したのか


それは本人にしか、わからないですけど、そしてこれを簡単かつ簡潔に言いあらわしますと


勉強って本当に大事ですよね、という感覚に全身がなります


そしてこれをですね、コミュニケーションという方向につなげてみたいと思うんですけど


何か話をするときに、おもしろいことが言えるといいますか


言葉をアレンジできる人って、多いのか、少ないのか、わからないですけど、いるわけですよね


例えば、アメリカ人の会話を見ているとわかると思うんですけど


少しジョークを交えながら話をしている人ってすごく多いですよね


お笑い芸人のデーブ・スペクターさんみたいに露骨に笑いを


取りに行く必要はないと思うんですけど、仕事でコミュニケーションを取るときに


多少のジョークを交えた会話が出来なくて、常に仕事の話しか、しない人は実際にいるんですよ


それは、したくない人なのか、したくてもできない人なのか


それは、本人にしかわからないですけど、個人的な感想としましては、くっそつまんないんですよ


関西弁だと、おもんなっ、てなるんですよね


そうなるとその人とあまり話をしたくないなぁ…となってしまうんです


当然、仕事の話をするのは、当たり前にとても大事だと思いますけど


仕事の話しかしない人ってつまんないんですよね…


そういったことも、子どもの頃からコミュニケーションは大事だということを教えたり


実際にコミュニケーション取る練習をしたりすることも同時に大事だと思います


そして最後に、お笑い芸人のデーブ・スペクター氏が、こういったことを言っていました


デーブ・スペクター「この前やっと英検4級に受かってとても嬉しかったよ!」と、以上になります