AIの進化、無人化、自動化、勉強しない人たちは覚悟しましょうね、という話

f:id:teihenjyuku:20220103110118j:plain


タイトルにあるこの三つの進化は、めまぐるしいものがあり


人間の生活を便利にするのは間違いないのですけど


その分、人が今までやっていた仕事を奪うことになるのも同時に間違いないです


この装置などを作る仕事などに携わっている人たちは


おそらく一生、食いっぱぐれることはないでしょうから


子どもたちには、そういった道を目指すのも有りなのかもしれないです


しかし、それとは逆に、勉強しない子どもたちは


AIの進化、無人化、自動化の渦に飲み込まれることは必至だと思います


※必至(ひっし)必ずそうなること



勉強しない、やらない、人たちは、頭を使うという作業が


苦手というふうに解釈してもいいと思います、実際多いですので


そうなると体を動かして仕事をするという職業にしか、基本つけなくなってしまうんです


そうなると今ある仕事もAIの進化、無人化、自動化によって


数年後、数十年後には、確実に無くなっている仕事は確実に存在します


それはあえて、ここには書かないですけど、それはどんなものがあるんだろう?


と、いろいろと考えてみてはどうでしょうか


今現在、勉強しない、やらない、大っ嫌いという子どもたちは


個人的には、このことをわりと強調して何回も何十回も


うるさい!黙れ!と言われるぐらい伝えたいことの一つでもあります


昔は勉強できなくても手に職をつければ大丈夫!と言われた時代もあったでしょうけど


これからの時代は、そんなものは通用しないと思います


今までの日本の主要産業は、自動車でしたけど、もはや


生き残れるかどうかの悩みの方が割合的に多いかと思います


1位をを取れるかどうか、最低でも上位に入れるかどうか


ではないんですよ、生き残れるかどうかの壁に直面しているんですよ


電気自動車では、おそらく中国には勝てないだろうということを言う


経済評論家の方もいますし、アメリカ、ヨーロッパ


その他にもこれからは、新興国が続々と参入してきて


市場は大混乱で、カオスな状態になるのではないでしょうか


こういったことをふまえて、勉強しないということは


どういうことなのか?ということが伝わりますでしょうか?


打てる手があるのであれば、打てるうちに打っとかないと


後悔することになりますし、打ちたくても、いつか打てなくなるということも


しっかりと頭に入れておいた方が、いいのではないかと思います