子どもへの投資は、期間限定投資ですよ、という話

f:id:teihenjyuku:20220104091431j:plain


資産運用の投資は20歳だろうと、30歳、40歳、50歳、60歳といつでもできます


しかし、子どもの教育への投資は、子どもの頃だけなんですよ


つまりタイトルにある通り、期間限定投資なんです


株に関して、見込み株というものがあれば、ボロ株というものがあるんですけど


教育という観点から見た場合、残念ながらボロ株みたいな教育は存在すると思います


例えば、塾に2年間、3年間通い月に1万円以上払っていました


しかし、全く成績が上がりませんでした、となった場合、ボロ株への投資ですよね


資産運用での投資でボロ株を買い損失を出したり、売ろうにも売れないような


状況になったとしても、お金を失ったりするだけなので


仕方ないか…高い勉強代だと思うわ…ぐらいの気持ちに、なろうと思えばなれます


でも、子どもへの教育投資の場合は、そうはいかないわけですよ


当たり前に人生がかかってますから、よく考えて、考えて、考え尽くすぐらい


検討した上で投資をしないと、後悔するだけでは済まないです


自分も小6から中3まで、英語と数学、週2でまさにボロ株の代表格のような


塾に通ってましたけど、その先、進んだ高校が、ボロ株のような偏差値30台の高校ですよ…


教育への投資、失敗なんてレベルじゃないです、でも当時は


今みたいにオンラインもないですし、田舎なので塾自体、ほとんどなかったんですけどね


家庭教師かボロ株みたいな塾のニ択みたいな感じでした


今はいろいろと塾を選べたりしますけど、まぁFC塾ですけどね…


勉強を自ら進んで、できるならば、どこの塾だろうと


オンラインだろうが、家庭教師、なんでもいいと思います


けど、何回も書いてますし、これからも書き続けますけど


勉強をやらない、やりたくないという色に染まっている子どもたちは


意識をしっかりと変えることができる、柔軟な指導、対応ができる人がいる


塾選びをしてください、これに関しては、自分の命をかけて推奨します


それ以外の塾に行っても、自分の二の舞ですよ、それでもいいんでしょうか?


見栄を張って進学塾に通わせるなどしても、一時的な成績は上がるかもしれないですけど


勉強を継続してやるようにはならないです、するようになるならば


ほとんどの人が難関大学に合格してますよ、子どもの教育への投資は


f:id:teihenjyuku:20220104091514j:plain


子どもの人生を決める投資と考えても、いいぐらい重要かと思います、という話で終わりたいと思います