文字ってその人を映し出す鏡の部分もありますよね、という話

f:id:teihenjyuku:20220109103553j:plain


子は親を映し出す鏡と言います、造語ですけどタイトルにある通り


文字ってその人を映し出す鏡と言われたら、意外に当たっている部分はあると思うんですよ


例えば、真面目な人って文章も真面目って感じです


発想が柔軟な人は、いろんなテーマを、いろんな観点から


様々なことが書けるので、多くの人が読んでいて面白いと感じるのではないでしょうか


そして語彙がない人は、文章を書かせてもすごい短文ですし(ツイッター+αぐらいです)


ブログも続かないですね、そういった部分も人としての内側、内面がよくわかるので


人を判断する場合、その人の書いていることを見て


判断材料にするのは、面接以上に有りなのかな?と思ったりもします


やっぱり面接だとしっかりと演じてくるので、一回、二回会って話をしただけではわからないです


でも仮に1年ぐらいその人がブログを書いていた場合


綺麗に自分を隠して演じ、素を出していないブログ記事もあるでしょうけど


中には、その人の素の部分が出ている記事は必ずあると思います


そして、その人の人間性、知識、どのような経験をしてきたのか


どのようなことに興味、関心があるのか、普段どのようなことを考えているのか


というものが、全てではないですけど見えてくるんですよ


ドラクエに出てきた、ラーの鏡の部分もあるかと思います


※ラーの鏡(真実を映し出す鏡)


文字というものは、人を映し出す鏡ということを書いてきましたけど


文章を書けるということに関しては、正直言ってメリットしかないんです


それはやっぱり、多くの人に文字というもので、様々なコンテンツを


届けることができるというのが、一番のメリットかと思います


文章が書ければ、本当にいろんなことに応用できますからね


例えば、ブログで収益を得る、自分の書いた文章を多くの人に見てもらえ


そこから様々な展開が考えられます、本の出版、YouTube、プレゼン、講演会など


あげたらきりがないですし、ここには書ききれないです


当然、付加価値もつきますし、人からの信用度も上がりますので


本当にメリットしかないんです、最後にお子様がいらっしゃる保護者の方に伝えたいことは


子どもが、様々なテーマから多くの人に興味、関心を持ってもらえるような


文章が書けるようになるぐらい頑張って勉強をせてみては


どうでしょうか、という話で終わりたいと思います