サッカー不毛の地、勝てないと言われた雪国について

f:id:teihenjyuku:20220118095155j:plain


サッカーだけではなく、あらゆるスポーツで雪国は弱い、と言われ続けてきたと思います


様々なスポーツを細かく見るとキリがないので、日本で


夏と冬の代表的なスポーツといえば、野球とサッカーかと思います


野球ならば、横浜高校、智弁和歌山高校、明徳義塾高校


サッカーならば、帝京高校、静岡県の高校、国見高校などが


自分たちの時代では、強かったという印象です


けど今は、雪の降る地域の学校でも全体的なレベルが上がってきていて


中には、常に優勝候補の学校もあるぐらいです、お金をかけて


良い選手を集めれば強くなるだろう?と言いたい方も


いると思いますけど、それは昔からそうですよね?


野球もサッカーも質の良い選手を集めても全体的なレベルが上がってきているので


強豪校と言われている学校でも勝てなくなってきているんですよ


高校サッカーならば、現時点での王者は、青森山田高校かもしれないですけど


数年後は、わからないですからね、失礼な言い方ですけど


全く勝てなくなっている可能性も大いにあるかと思います


けどここで、雪国に住んでいる人たちって、耐える力のポテンシャルは高いですよ


という話と学校の勉強をつなげて終わりにしたいと思います


人間生きていると、暑いのと寒いのって、どっちが長く耐えることができるの?


という疑問を持ったことは、誰もがあると思うんですけど


これは当然、人によって違うと思います、個人的には、寒い方が圧倒的に耐えられないですね


こんな寒いところにいるぐらいなら死んだ方がマシ!という感情になります


暑くても慣れてしまうと、わりと我慢できるんですけど、寒さは慣れないんですよね…


辛いという感情や思いにしかならないです、前に水曜日のダウンタウンという報道番組で


オードリーの春日さんが、実証していたんですけど


暑い方は、何時間も耐えていましたけど、寒い方は


すぐにギブアップしていましたね、つまりそういうことなんですよ


そしてここから寒さを学校の勉強につなげてみますと


寒さに耐えることができるということは、学校の勉強も耐えてやるポテンシャルは


雪国の人たちの方が、絶対にあると思うんですよ、だってちっちゃい頃から


寒さに耐えて過ごしてきているわけですから、遺伝子の方も


寒さに耐える遺伝子を受け継いできていると思います


東北、北陸に住んでいる小、中学生の学力が高いことは、もはや周知の事実ですよね


それは、学校や家庭内の取り組みが、功を奏しているというのは、間違いではないと思います


けど、勉強を耐えてやり続けなければ、何年も学力上位なんて維持できないわけです


雪国の人たちは、寒さに耐える土台が蓄積され、それが


スポーツや勉強に関して好成績を収める部分に寄与しているのではないかと思います


仕事でも寒い地域の人たちの方が、忍耐強いと言われますし


そして、女性も忍耐強い人は多いとよく聞きますけど


確かにそういった部分はあるかもしれないですね、という話で終わりにしたいと思います