NHK、EVシフトの衝撃を見た感想

f:id:teihenjyuku:20220122094758j:plain


少し前に放送していましたNHKの番組EVシフトの衝撃を見ての感想ですけど


※EVは「Electric Vehicle」の略で、電気自動車のことです


まず恐怖、以外の感想にはならないです、夢も希望もあったものではないです…


競争を勝ち抜けるのであれば、今までも、今も続いている自動車産業は


日本の主要産業として成立し成り立って行くんでしょうけど


電気自動車に関しては、圧倒的に不利な状態で先の方は、全く見えてこないですし


世界のライバル会社は、国と一体となり、どんどん枠を広げ続けていくことかと思います


こういったことをふまえて考えた場合に子どもの将来の職業に対する恐怖心など


親のみなさんは、普通にあった方が良いかと思います、しっかりとありますでしょうか?


なんとかなるでしょう!大丈夫でしょう!という浅はかな考えをしているならば


もしかしたらみなさんのお子さんが将来、仕事がなく


とても苦労するかもしれないんですよ、安い時給のアルバイトや派遣に


人が殺到しすぎて仕事に就けない人が、あふれる日本、そんな未来は、おとぎ話だろう?


と、思う人もいるでしょうけど、あながち、おとぎ話でもなく


フィクションでもない社会が到来する日が、2040年代


2050年代で現実のものになっているかもしれないです


2040年代、2050年代は、まさに働き盛りといいますか


今の子どもたちが、国を支えている中心の年代ですよね


その中で日々、国のため、家族のため、自分のためでもいいと思いますけど、多くいることかと思います


ここで問題なのがそのレールの上に存在しない人たちなんですよ


そこにいない、もしくは、入れないという状態ならば、どうしましょうか?というとても大変な話なんです


ここでニつ言えることがありまして、それはまず一つ目が


確実にそうなってしまう人たちは、必ずいるということです


それは残念ですけど、全員が全員、人生で勝てる、勝ち続けることなんて、できないですからね


それは本人次第なんですけど、やらない人は何を言おうが


何をしようが、やらないですので、本当にそんな人たちを


いっぱい見てきました…どうにもならないんです


そして二つ目が、今から子どもたちに対する教育を


本腰を入れて頑張れば、全然、間に合うということなんですよ


成果が出ない理由って、何も学ばない、行動もしない


そして続けない、主にこれなんですよ、これさえしっかりとやっているならば


将来的な負担は確実に減るわけなので、今のうちに打てる手は打っておきましょう、という話です