これからの時代は、高学歴より総合力が高い人の勝ちです、という話

f:id:teihenjyuku:20220129094714j:plain


最近もそうですけど、だいぶ前から発信力の強い人たちが


台頭してくることが、多くなってきたな、という印象はとても強く受けます


SNSのフォロワー数何万人、何十万人のインフルエンサーの方たちが


商品を紹介すれば、すぐに完売したりするようなことも珍しくなくなってきています


では、そのインフルエンサーの方たちが、全員高学歴なのか?といいますと


確かに高学歴の人たちも、中にはいると思いますけど


高学歴だけでは、ネットという世界ではさすがに勝てないですよね


では、どこで勝っているのか?と言いますとタイトルにある通り


総合力ですよね、発信力だったり、面白いアイディアを生み出す創造力だったり


トーク力など、当然、全て継続しているという継続力の上に


全ての力が、プラスされていることにより、成果へと


つながっているわけですので、継続しなければ、元も子もないですけど


いまだに高学歴ならば、大手企業に入れるという古臭い思考をしている人は多々いると思います


確かにそれは事実なんですけど、しかし、難関大学の中でも


一部の人しか、誰もが憧れる大手企業に就職できないというのも事実ですよね


それに、入社しても数年後には辞めてしまう人もそれなりにいるというのも


これも事実なんですよ、そして、ある程度の年齢になれば


学歴はどうでもいいから、あなたに何ができるんですか?


強みは何なんですか?どのような成果を出せますか?という部分の勝負になってしまいます


その時代によって求められるものは、違ってきます


例えば、過去に争いが絶えない時代は、あったと思うのですけど


その時代に必要なものって誰にも負けない屈強な力、腕力ですよね


時代によっては、お金の力さえあれば勝てた時代もあったと思います


それは、今現在も、これからも変わらない部分はあるかと思います


そして学歴の力というものは、バブルの頃にあった


偏差値の高い大学に入れば、良い会社に入れるという


ただの名残じゃないでしょうか、なごり雪というものが、ありますけど


雪は気温が上がれば、そのうち溶けますよね?ということは


高学歴時代が続いた日本の学歴偏重というものも、いずれ溶けてくるのではないでしょうか


子どもにどのような力をつけさせるのも、各家庭の教育方針によって


違いがあるのかと思いますけど、我が子には将来どのような人生を歩んでほしいのか?


また、どのような人間に成長してほしいのか?どのようなものを期待するのか?


ということなどを、もう一度深く考えてみることも必要ではないでしょうか、という話でした