スノーボード界のレジェンド、ショーン・ホワイトを教育につなげてみた

f:id:teihenjyuku:20220216095652j:plain


長いことスノーボード界を牽引(けんいん)してきました


大スターかつレジェンド、ショーン・ホワイトですけど


選手としての引退、そしてオリンピックへの出場は


北京冬季オリンピックで最後ということを表明していました


その功績というのは、本当に大きいと思いますし、ショーン・ホワイトの


背中を追いかけてきた選手は、大勢いるのではないでしょうか


平野歩夢選手も、その中の一人かと思います


とにかく難しい技に挑戦し続けるんだという、フロンティア精神(開拓精神)


が、アメリカという土壌(どじょう)に根付いているので、その影響もあるのかもしれないですね


アメリカ人って、全員ではないかもしれないですけど


挑戦するとか失敗するということに関しては、すごく寛容ですし、とても前向きですよね


シリコンバレーにある企業でもたくさん失敗を経験した人を


採用するということも実際にあるらしく、聞いたことがあります


そもそも失敗を、悪いこととは捉えていないんですよね


かたや日本では、真逆ですよね…今はだいぶ変わってきてますけど、昔は本当に酷かったです


人と違うことをするな!とか、失敗したらその都度怒られる感じでしたし


自分で考えて何かをするのではなく、周りを気にして


目立たないように怒られないように周りの人に合わせながら


物事を進めていくという、人が全く成長しない、一言で言えば、ヤバい環境だったかと思います


昭和、平成の日本は、それでもやってこれたんでしょうけど


令和の時代、その先の時代、そんなものは一切通用しないどころか、人生を棒に振るだけです


1、創造力+想像力


2、発信力


3、行動力


この3つのキーワードは、これからの時代を生きる上では、もはや必須項目です


これを無視して子どもの頃から学校の勉強一筋ならば


ある程度、覚悟はした方が、いいのではないかと個人的には思います


求められるものが変わっていく中で、いつまでも高い学歴が求められるのか?


そんな訳ないです、学歴以外に必要な力を身につけないと


今の子どもたちが、下手したら人生行き詰まりますよ


という、あながちありえない話ではないかと思います、この怖い話が現実にならないように


子どもたちには、しっかりとした教育、指導を施す必要があるわけですよね、以上になります