勉強ができない人って2パターンあるんですよ、という話 Part1

f:id:teihenjyuku:20220314080855j:plain


勉強ができない人って2パターンに、わけることできるんですね


それは、中1の理科で習う植物みたいな感じですかね


植物も被子植物と裸子植物に、わけることができ


被子植物は胚珠(はいしゅ)で覆われていて、裸子植物は、むき出しということを


中1の理科の基礎レベルの問題として、いやいや学びます


そして、勉強できない人を2つに、わけますと、まず


勉強できないとは、基本、勉強をやっていないというのが起源なんです


全ての勉強できない人の始まりです、進撃の巨人で例えるならば、始祖ユミルですね


勉強できない人は、勉強をやっていないという場所から生まれてくるんですよ


ここで勉強をやっていない人を、細かくアメーバみたいに分裂させますと


1、勉強をやっていないから勉強ができない


2、勉強をやっているけど、勉強ができない、という2つの形になります


1の方は、本当にいろんな原因があるので、一概に


これが原因というふうに決めつけることは、できませんけど


一番多いパターンとしては、理解するまで、覚えるまでやっていない


理解し覚えたけど、忘れないように反復学習をしていないという形が


一番、勉強ができないというものになるのかと思います


劣悪な家庭環境で、勉強どころではないという人たちもいますので


勉強ができない=バカだとか、頭が悪い、耐える力がない、などの決めつけは


良くはないですよね、ヤングケアラーの方だって、実際にいますからね


1の方に関しては、勉強をしっかりとやればできる人も多くいますので


それは本人のやる気の問題だったり、環境の問題だったりするだけです


そして、いろいろと考えなければ、いけないのが、2の方の人たちなんですね


自分もどっちかといえば、2よりなのかと思います


その理由に関しては、Part2で書いてみたいと思います