新潟県公立高校入試問題を解いてみての感想

f:id:teihenjyuku:20220317085815j:plain


2022年3月3日に新潟県公立高校一般入試が行われ


3月4日には一部の学校だけが、学校独自検査を行うという日程でした


人によっては、文系科目が得意、でも理系科目は苦手


逆に文系科目は苦手だけど、理系科目は得意という人もいるので


国語が難しかった、いや!自分は国語は簡単だったけど、数学が難しかった


いや!自分は数学が一番簡単だった、とキリがないので


これに関しては、完全に主観で書いてみたいと思います


まず、今回の試験問題で一番注目しなければいけないのが


個人的には、英語だと思います、試験問題を解いた方も


多くいらっしゃることかと思いますけど、どんな感想だったでしょうか?


もしかしたら自分と同じ感想でしたでしょうか、それは


えぇ…これ間に合わないよね…と思われた方も中には、いるのかと思います


今までの新潟県の公立高校の入試問題は、英検3級の問題を


普通に解けるレベルならば、高得点はとれたのかと思いますけど


今回の内容はとれないと思います、それは、普通に解くレベルだと間に合わないですので


おそらく今後も英語に関しては、普通に解いていたら


時間内に間に合わないというレベルの内容になってくるのかと


思いますので、英語の勉強量の増加は、必須かと思います


英検準2級の問題を普通に解けるレベルまでもってこないと


本番の入試問題で、高得点をとるのは難しいのかもしれないですね


逆に数学に関しては、今回は簡単でしたけど、それは


英語を難しくするために難易度を下げたのかもしれないです


しかし、今後はまた徐々に難しくなっていくという可能性の方が、高いですので


しっかりと対策の方はやっておいた方が、良いのではないかと思います


国語に関しては、[三]の古文、[四]の論説文は


中学生が解くには、個人的には、難しかったのではないかと思います


難しいと言いますか、わかりづらかったのではないですかね?それも人によるんですけどね


理科に関しては、暗記だけでは答えられない問題が、いくつかあったので


試験が終わった後は、不安な気持ちの受験生もそれなりにいたのではないでしょうか


社会だけは、基礎レベルの内容の知識が頭に入っているならば


高得点は狙えたのかと思います、そこもある程度


点数が高くなるように、帳尻を合わせてきたのかもしれないですね


やたらめったら難しくしすぎて、平均点がダダ下がりだと


100%クレームが来て、クレームを矢のごとく浴びるので


250点前後に合わせてくるのかと思います、なので今回も平均点は


250点前後なのではないかと思います、英語は下がると思いますけどね


とにかくこれからの中学生の勉強は、英語に重きを置き


本番で時間内にしっかり解き終える、ということを


念頭に入れた勉強をした方が良いのではないかと思います


英語は、やっぱり得点源ですし、新潟高校、新潟南高校はもちろん


偏差値50台の高校を目指す人たちにとっても、最低でも


平均点以上は、とらないと、なかなか桜は咲きづらいのではないかと、考えられます


これから英語の勉強量を増やさなくてはいけなく、大変だと思いますけど


頑張れば頑張っただけ、報われる可能性が高くなるのは確実ですので


志望校合格への目標に向かって日々、頑張り続けてください、応援しています