勉強できない子の将来は、まずはこれを考えないと危ないですよ、という本当にヤバイ話

f:id:teihenjyuku:20220327092618j:plain


結論から先に書きますと、収入面ですね、まず基本的な流れとしましては


世の中にある給料の良い仕事は、勉強できる、勉強してきた人たちに取られてしまいます


これは、仕方ないといいますか、当然ですよね変わりようがないですし


変わらないです、一生不変です、であるならば、一生懸命


勉強し難関大学を目指した方が、良いでしょう?


という意見があったとしてもそれは、一つの方向性としては、正しいと思います


けど、理想は誰でも持てますし、理想論は誰でも語れるわけです


でも、現実を見た場合に、上には上が、うじゃうじゃといるわけですよ


そして、本当のトップの方は、勉強の適正ありまくりの


ポテンシャルの塊くん、塊ちゃんが、いるわけです


そこに人としての部分も優秀なのであれば、何をどうあがいても、勝てないです


なので、難関大学を目指すという方向性は、あっても良いと思いますけど


勉強苦手な子が、目指したとしても、これといって得られるものは、少ないかと思います


むしろ、莫大な教育費をかけたわりには、無駄になるという可能性も


なきにしもあらずかと思います、そして、勉強できない子の方向性として


自分が、おすすめしたいのは、ある一定の収入が確保されることが、確実な職業になります


それは、公務員もそうですし、医療系の国家資格を有しているならば


普通の暮らしができる収入面は、確保できるわけです


けど、それでは、人生おもしろくないですし、子どもの頃から


そういった道に行きなさい!あなたのためなの!


わかるでしょう?と押し付けるのも、どうかと思いますね


なので、本当に自分がおすすめしたいのが
発想力、想像力、発信力などを


鍛えることによって、自分自身にしか、つくれないコンテンツを


つくることができる人間に、レベルアップしていくという方向性です


公務員に関しては、確か三十歳までなら間に合う地方公務員の枠はあったと思いますし


うまくいかなかったのであれば、国家資格に逃げるという形もできますので


今現在、勉強が全くなのか、全然なのか、わかりませんけど、できないのであれば


前述しました、発想力、想像力、発信力、伝える力、などもそうですけど


学校の勉強は、完全にやらなくていいとまでは言わないですけど


ほどほどにし、こういった力を伸ばすトレーニングをした方が


勉強できない子の未来は、明るいと思いますよ、という提案です


しかし、弁解するわけではないですけど、本当に勉強できない子っていないんですよ


ただ単にやり続けていないだけで、脳が嫌がるほど情報を送り込んでやれば


大抵の人は覚えられますし、脳に定着したことが、しばらく覚えていられます


ただ、それだけのことなんです、勉強できない子は、あぁだ、こーだ、と語ることでもないんですよ


中学のときに、数学のテストは、8点で、国語の通知表は、1回1があった


自分でも覚えられたぐらいですので、誰でも覚えられますし


しばらく覚えていられるんですよ、本当にただそれだけのことなんです


最後に、今までの教育というものの流れが、常識だと思っているならば


みなさんの勉強できないお子さんが、将来、必ず痛い目にあいますよ!


今ある教育が本当に我が子にとって合っているのか?ということを斜めから見て考えてみたり


今ある教育って本当に正しいのか?と、疑ってみることも


大事なのではないでしょうか、という話で終わりたいと思います