成果って頑張り続けていれば、そのうち必ず出るんですよ、という話


成果といっても、その人が、何をやるのか、または


何をやっているのか、にもよると思いますけど、例えば


自分事で自分に関係した話しか、しないのであれば、成果の種が育ち


成果の花が咲くということは、なかなか難しいのかと思います


しかし、自分事ではなく、常に利他の精神、giveの精神で頑張り続けている人は


いつか必ず成果というものが、目に見えてわかる形になると思います


人のために頑張っている状態って、水面下では徐々に上に向かって


上がってきている状態なんですよ、小、中学校の勉強が、わかりやすいんですけど


英語でも最初は、be動詞って何ですか?beって何ですか?


動詞ってなんですか?という状態でも、勉強というものを


積み上げていくならば、いずれ成果というものが


水面から顔を出すときが、必ずきます、営業でも最初の方は


数字が出せません…契約も全くとれません…という状態でも


ずっとやっていれば、少しずつ、アポも契約も、とれるようになっていくんですよ


でもここで、なんでもかんでも、成果を出せば良い、ということではなく


自分の付加価値になる場合の成果です、主に自分でつくった商品が良いかと思います


人の商品なんて売ったって、営業力だとか、セールス力などが、上がるのは良いことですけど


自分自身に付加価値が、つくわけではないんですよ


ついたとしても、優秀な営業マンなんて山ほどいるわけなので


埋もれてしまい、目立たないです、では、どうやったら


自分自身に付加価値がつくのか?それは、最初の方に


既に答えは、出ていましたけど、利他の精神、giveの精神です


他人事で考えた発信を続けていけるならば、100%いつかどこかで


成果が水面から顔を出すときが、必ずきます、そこから


自分独自の商品を、構築に入る段階かと思います


なので、まずは、人がどんなことで困っているのか?どんなことに


不安や不満があるのか?ということを、情報収集し


自分なりに、こうやってみたらどうですか?という


助言や提案みたいなことを、してみてはどうでしょうか?


ずっとやっているならば、それなりの成果は、出てくると思いますので


ぜひ、頑張ってみてほしいと思います