新潟県の小、中学生にヒカキンの、この部分を学んでほしいです、というとても大事な話

f:id:teihenjyuku:20220406091424p:plain


新潟県出身の有名ユーチューバーといえば、おそらく真っ先に名前が、あがるであろう


ヒカキンですけど、全国の子どもたちに有名なユーチューバーって誰?


という質問をした場合、一番かは、わからないですけど


名前が、あがらないことはないくらいの、もはや、レジェンド、ユーチューバーかと思います


その中で、自分もヒカキンみたいにおもしろいことをやり


いろんな人を楽しませたい!笑わせたい!喜ばせたい!と思っている


小、中学生は、実際にいると思います、自分も仮に


今のみなさんの世代に生まれていたのであれば、エンタメ系ユーチューバーに憧れて


ユーチューバーになりたい!なるんだ!と本気で思っていたかもしれないです


ここで一つ、助言したいことがありまして、それは、何かと言いますと


ヒカキンのような、大人気ユーチューバーのなり方です


それを特別に、みなさんに教えますね、まず一番初めに考えなければ、いけないのが


先行者利益というものです、読んで字のごとく、先行したもの、一番初めに始めた人が


利益を得ることができるという意味です、利益とは、みなさんに


わかりやすいように、例えるならば、おこずかいですね


一番初めに始めた人が、一番多くのおこずかいを、もらえるという形になるんですね


次に考えなければならないことが、差別化ですみなさんの中では


差別するということは、あまり良い言葉ではないと思いますけど


おこずかいを、多くもらうという点で考えた場合、差別化というのは、とても重要なんです


差別化というものは、人と同じことをやっていても、誰も見ないですよ


興味ないですよ、ということになり、その結果、おこづかいは、多くはもらえない形になります


なので、大人気ユーチューバーになるためには、他の人と違うことをしなければ、ならないんですよ


それをずっと継続すれば、0から1という数字になります、ヒカキンが昔、ヨーグルトを


ただ飲んでいるだけという、今となっては、かなりシュールな内容の動画がありますけど


あれは、数字で例えるならば、まだ0ですね、仮に今そこら辺のおっさんや


おじいちゃんが、ヨーグルトを飲んでいる動画があったら見ますか?


でも当時としては、誰もやっている人なんていなかったので


ある意味、斬新(ざんしん)で目新しかったのかと思います


そして、徐々にいろんな人が、見るようになってきて、0が1になり


2になって、3、4、5、10という数字になり一躍大人気ユーチューバーとして、世の中に知れ渡ることになったわけです


その後、目指せヒカキン!みたいな感じで、ものすごく多くの人たちが


追随(ついずい)(追いかけること)をしてきて、今では


何万人、もしかしたら、何十万人といるのかもしれないですね


ここで一つ質問ですけど、その人たちを押しのけて


大人気ユーチューバーになれる自信ってありますか?


目指すのも、目指さないのも、自分が決めることなんですけどね


ここで自分が、みなさんに、ヒカキンから学んでほしいことは、0と1の部分なんですね


0の部分って、正直、何をしたらいいのか、わからなくて


いろんな失敗をしている部分です、そして、1は失敗しながらも


改善、改良をすることで、少しずつ成果が出始めてきた部分ですね


この0と1の部もしっかりとやることで、うまくいく可能性が高くなり


うまくいくための、土台ができあがるんですね、でも、しっかりと作らないで


その先には進めないですし、進んでも、うまくなんていかないです


なので長くなりますので、ここら辺でまとめますと


ヒカキンの0と1の部分を、しっかり学んで、自分が成長する糧(かて)にしてください、という話です